VMware Horizon Air(クラウド ホスト型)サービスは VMware Identity Manager サービスと統合できます。

Horizon Air テナントを VMware Identity Manager サービスに統合することで、VMware Identity Manager ユーザーは Workspace ONE ポータルから、資格が付与されている VMware Horizon® Air™ Apps と VMware Horizon® Air™ Desktops にアクセスできます。

Horizon Air テナントで、デスクトップ プールおよびアプリケーション プール(割り当て)を作成し、構成します。また、VMware Identity Manager サービスでなく Horizon Air テナントでも、ユーザー資格とグループ資格を設定します。これらのユーザーとグループは、Horizon Air テナントと統合する前に、Active Directory から VMware Identity Manager サービスに同期する必要があります。

Horizon Air テナントと VMware Identity Manager を統合すると、VMware Identity Manager 管理コンソールで Horizon Air のデスクトップとアプリケーションを確認できます。ユーザーとグループの資格を表示することもできます。

同期スケジュールをセットアップすることで、Horizon Air テナントと VMware Identity Manager サービス間で、リソースと資格を定期的に同期できます。

エンド ユーザーがユーザー ポータルから Horizon Air のデスクトップとアプリケーションを起動するには、VMware Horizon® Client™ をインストールする必要があります。Horizon Client バージョン 3.4 以降がサポートされます。