VMware Identity Manager 管理コンソールおよび Citrix 展開環境を使用して、Citrix 公開リソースのカテゴリを管理できます。

Citrix 環境では、リソースのプロパティの クライアント アプリケーション フォルダ テキスト ボックスを編集して、Citrix 公開アプリケーションまたはデスクトップにカテゴリ名を付けます。Citrix 環境を VMware Identity Manager に統合すると、Citrix 公開アプリケーションおよびデスクトップ用の既存のカテゴリ名は VMware Identity Manager に引き継がれます。

統合後は、Citrix 環境で引き続きカテゴリを作成できます。[公開アプリケーション - Citrix] ページの カテゴリをサーバ ファームから同期 チェック ボックスを有効にすると、次回の同期の間に新しいカテゴリが VMware Identity Manager に引き継がれます。VMware Identity Manager と Citrix サーバ ファームの同期を参照してください。

VMware Identity Manager で直接カテゴリを作成することもできます。リソース カテゴリの使用に関する情報については、VMware Identity Manager 管理ガイドを参照してください。

管理コンソールで、すべての Citrix 公開リソースのカテゴリを作成および表示するには、カタログ > 任意のアプリケーションの種類 の順にクリックし、アプリケーションについては Citrix 公開アプリケーション を、デスクトップについては Citrix 公開配信グループ を選択します。特定の Citrix 公開リソースのカテゴリの表示および編集には、リソース名をクリックしてから 詳細 を選択します。

VMware Identity Manager でカテゴリを作成した場合、カテゴリは Citrix 環境には表示されません。

Citrix 環境でカテゴリを作成した場合、カテゴリは次回の同期時に VMware Identity Manager に表示されます。Citrix 環境でカテゴリ名を更新した場合、更新したカテゴリ名は VMware Identity Manager に表示され、元のカテゴリ名も残されます。元のカテゴリ名を VMware Identity Manager から削除するには、手動で削除する必要があります。