次の図は、マルチキャストを使用するトポロジの例を示したものです。

Edge Services Gateway アップリンク インターフェイスは、vSphere Distributed Switch を介して物理インフラストラクチャに接続します。Edge Service Gateway 内部インターフェイスは、論理中継スイッチを介して分散論理ルーターに接続します。分散論理ルーターのデフォルト ゲートウェイは ESG の内部インターフェイスの IP アドレス (192.168.10.1) です。ルーター ID は分散論理ルーターのアップリンク インターフェイス、つまり ESG (192.168.10.2) と接する IP アドレスです。このトポロジでは、マルチキャスト トラフィックがサブネット間や、NSX ドメインの内側または外側の送信元とレシーバ間で最適な方法で複製されます。