前述の図は、2 台の異なるホストで実行されている 2 台の仮想マシン間の通信と、vSphere Distributed Switch の IPFIX 機能によって監視されるフローを表しています。

図 1. ホスト 1 のフロー

ホスト 1 のフローでは、フローはホスト 1 から収集されています。IPv4 テンプレートには、入力方向と出力方向のポートと、標準的な要素に関する追加情報が含まれています。

ingressInterfaceAttr テキスト ボックスは 0x02 になっています。これは、仮想マシンが接続するアクセス ポートであることを表しています。アクセス ポートの番号は、テンプレートの ingressInterface パラメータに割り当てられます。

egressInterfaceAttr の値は 0x03 になっています。これは VXLAN トンネル ポートで、このポート番号が管理用の VMKNic ポートであることを意味します。このポート番号は、テンプレートの egressInterface パラメータに割り当てられます。

もう一方の IPv4 VXLAN テンプレートには、VXLAN ID、内部の送信元と宛先のアドレス、ポート、およびプロトコルに関する追加情報が含まれます。入力方向と出力方向のインターフェイスは、それぞれ VXLAN トンネル ポートdvuplink ポートになります。

図 2. ホスト 2 のフロー

ホスト 1 のフローは、ホスト 2 上のフローを表しています。

ホスト 1 のフローのテンプレートと ホスト 1 のフローのテンプレートで異なる点は、入力方向および出力方向の属性とポート番号のみです。

このテンプレートで提供される追加情報により、コレクター ツールのベンダーは、外部の VXLAN フローと内部の仮想マシン フローを関連付けて分析できます。

コレクタ ツール ベンダーに関連する情報

vSphere Distributed Switch の IPFIX サポートにより、仮想マシン フローと VXLAN のフローに必要な可視化を実現できます。コレクタ ツール ベンダーを使用している場合、テンプレートの追加情報を使用して、内部/外部フローとポート接続を関連付け、相関分析を行うことができます。

次のセクションでは、VXLAN テンプレートに追加された新しいパラメータをデコードする方法について説明します。IANA は、IPFIX 情報の要素 (Element) と、そのエレメント ID (Element ID) を定義しています。標準的なエレメント ID のリストは、http://www.iana.org/assignments/ipfix/ipfix.xml で確認できます。

VXLAN テンプレートで定義されている新しい要素にはすべて、新しいエレメント ID が定義されています。

これらのカスタム パラメータまたは要素が、VXLAN と内部フローに関する追加情報を提供します。新しい要素とそのエレメント ID は次のとおりです。

表 1. カスタム パラメータ
エレメント ID パラメータ名 データ タイプ 単位
880 tenantProtocol unsigned8 1 バイト
881 tenantSourceIPv4 ipv4Address 4 バイト
882 tenantDestIPv4 ipv4Address 4 バイト
883 tenantSourceIPv6 ipv6Address 16 バイト
884 tenantDestIPv6 ipv6Address 16 バイト
886 tenantSourcePort unsigned16 2 バイト
887 tenantDestPort unsigned16 2 バイト
888 egressInterfaceAttr unsigned16 2 バイト
889 vxlanExportRole unsigned8 1 バイト
890 ingressInterfaceAttr unsigned16 2 バイト
注: 上で設定したカスタム要素には、 エンタープライズ ID が追加されます。VMware のエンタープライズ ID は、 6876 です。

次の表は、エレメント ID の完全リストの一例です。標準的なエレメント ID のデータ タイプとユニットは、http://www.iana.org/assignments/ipfix/ipfix.xml で確認できます。

エレメント ID パラメータ名
1 octetDeltaCount
2 packetDeltaCount
4 protocolIdentifier
5 IPv4TOS
5 IPv6TOS
6 tcpFlags
7 sourceTransportPort
8 sourceIPv4Address
10 ingressInterface
11 destinationTransportPort
12 destinationIPv4Address
14 egressInterface
15 nextHopIPv4
27 sourceIPv6Address
28 destinationIPv6Address
53 maxTTL
61 flowDir
136 flowEndReason
152 flowStartSysUpTime
153 flowEndSysUpTime
210 paddingOctets
351 vxlanId
880 tenantProtocol
881 tenantSourceIPv4
882 tenantDestIPv4
883 tenantSourceIPv6
884 tenantDestIPv6
886 tenantSourcePort
887 tenantDestPort
888 egressInterfaceAttr
889 vxlanExportRole
890 ingressInterfaceAttr