vSphere Distributed Switch で IPFIX を有効にできます。

次のように、論理スイッチで IPFIX を有効にします。

  1. NSX トランスポート ゾーン(論理スイッチ)をバッキングする vSphere Distributed Switch で、NetFlow コレクタを設定します。NetFlow コレクタの設定方法については、『vSphere ネットワーク』ガイドの「vSphere Distributed Switch のネットフロー設定の構成」を参照してください。
  2. 論理スイッチに対応する分散ポート グループで、NetFlow モニタリングを有効にできます。  NSX トランスポート ゾーンが複数の vSphere Distributed Switch (VDS) にまたがっている場合は、VDS/分散ポート グループごとに次の手順を繰り返します。NetFlow モニタリングを有効にする方法については、『vSphere』ドキュメントの「分散ポート グループまたは分散ポートでの NetFlow 監視の有効化または無効化」を参照してください。

NSX 環境では、ESXi の NSX アップリンクを通過する、論理スイッチの仮想マシン データ トラフィックは、VXLAN でカプセル化されます。ホストのアップリンクで NetFlow を有効にすると、カスタム IPFIX flow-record テンプレートを使用した IP フロー レコードがエクスポートされます。テンプレートには、外部の VXLAN UDP/IP ヘッダー情報とカプセル化された内部の IP パケット情報が含まれます。このようなフロー レコードによって、パケットをカプセル化している VTEP(外部ヘッダー)が可視化され、NSX 論理スイッチ (VXLAN) でホスト内トラフィック(内部ヘッダー)を生成した仮想マシンの詳細が提供されます。

vSphere Distributed Switch の IPFIX テンプレートの詳細については、IPFIX テンプレート を参照してください。