NSX Data Center for vSphere を完全にアンインストールすると、ホスト VIB、NSX ManagerNSX Controller クラスタ、すべての VXLAN 構成、論理スイッチ、NSX Edge アプライアンス、分散ファイアウォール、ゲスト イントロスペクション、vCenter Server の NSX Data Center for vSphere プラグインが削除されます。クラスタ内のすべてのホストで、次の手順を必ず実行してください。vCenter Server から NSX Data Center for vSphere プラグインを削除する前に、クラスタからネットワーク仮想コンポーネントをアンインストールします。

注: NSX Data Center for vSphere によってデプロイされたアプライアンス( NSX ControllerNSX Edge アプライアンスなど)を vCenter Server から直接削除しないでください。 NSX Data Center for vSphere アプライアンスの管理と削除は、必ず vSphere Web Client[ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] タブから行ってください。

前提条件

手順

  1. トランスポート ゾーンを削除します。
  2. ディスクから NSX Manager アプライアンスとすべての NSX Controller アプライアンス仮想マシンを削除します。
  3. Distributed Switch で残りの VTEP VMkernel ポートを削除するには、次の手順を実行します。
    1. [ホストおよびクラスタ (Hosts and Clusters)] > [ホストの選択 (Select Host)] > [設定 (Configure)] > [ネットワーク (Networking)] > [仮想スイッチ (Virtual Switches)] の順に移動します。
    2. 仮想スイッチの表で vSphere Distributed Switch を選択します。
      このスイッチに割り当てられている dvPortgroup を示す図が表示されます。この図を下にスクロールして、スイッチの残りの VTEP VMkernel ポートを表示します。
    3. 残りの VMkernel ポートを選択して、[削除 (Delete)]削除アイコン)をクリックします。
    VTEP VMkernel インターフェイスは、通常、これより前のアンインストール処理で削除されています。
  4. Distributed Switch で VTEP に使用している残りの dvPortgroup を削除するには、次の手順を実行します。
    1. [ホーム (Home)] > [ネットワーク (Networking)] の順に移動します。
    2. [ナビゲータ (Navigator)] で、データセンターをクリックして vSphere Distributed Switch を展開し、残りの dvPortgroup を表示します。
    3. 残りの dvPortgroup を右クリックして、[削除 (Delete)] をクリックします。
    多くの場合、VTEP で使用されている dvPortgroup は、これより前のアンインストール処理ですでに削除されています。
  5. VTEP VMkernel インターフェイスまたは dvPortgroup を削除した場合、ホストを再起動してください。
  6. NSX Manager プラグインを削除する vCenter Server の場合、https://your_vc_server/mob で管理対象オブジェクト ブラウザにログインします。
  7. [コンテンツ (Content)] をクリックします。

    次はその例です。

     管理対象オブジェクト ページのプロパティ テーブルにコンテンツが表示されます(強調表示の部分)。
  8. [ExtensionManager] をクリックします。

    管理対象オブジェクト ページのプロパティ テーブルに ExtensionManager が表示されます(強調表示の部分)。

  9. [UnregisterExtension] をクリックします。

    管理対象オブジェクト ページ のプロパティ テーブルに UnregisterExtension が表示されます(強調表示の部分)。

  10. 文字列 [com.vmware.vShieldManager] を入力して、[Invoke Method] をクリックします。

    管理対象オブジェクト ページのパラメータ テーブルに com.vmware.vShieldManager 値が入力されています。

  11. 文字列 [com.vmware.nsx.ui.h5] を入力して、[Invoke Method] をクリックします。
  12. vSphere 6 vCenter Server Appliance が稼動している場合は、コンソールを起動し、[トラブルシューティング モード オプション (Troubleshooting Mode Options)] で BASH シェルを有効にしてください。

    vCenter Server Appliance コンソールにトラブルシューティング モード オプションが表示されています。

    root としてログインし、 shell.set --enabled true コマンドを実行する方法もあります。
  13. NSX Data Center for vSpherevSphere Web Client ディレクトリと vSphere Client (HTML5) ディレクトリを削除し、クライアント サービスを再起動します。
    NSX Data Center for vSpherevSphere Web Client ディレクトリ名は、 com.vmware.vShieldManager*com.vmware.nsx.ui.h5.* で、次の場所にあります。
    • VMware vCenter Server for Windows – C:\ProgramData\VMware\vCenterServer\cfg\vsphere-client\vc-packages\vsphere-client-serenity\
    • VMware vCenter Server Appliance – /etc/vmware/vsphere-client/vc-packages/vsphere-client-serenity/
    vSphere Client ディレクトリは、 com.vmware.nsx.ui.h5.*com.vmware.vShieldManager.* で、次の場所にあります。
    • VMware vCenter Server for Windows – C:\ProgramData\VMware\vCenterServer\cfg\vsphere-ui\vc-packages\vsphere-client-serenity\
    • VMware vCenter Server Appliance – /etc/vmware/vsphere-ui/vc-packages/vsphere-client-serenity/
    注: vSphere 7.0 以降では vSphere Web Client が廃止されました。このため、 com.vmware.vShieldManager.* ディレクトリは作成されません。

    vCenter Server アプライアンスまたは Windows 上の vCenter Server でクライアント サービスを再起動します。

    表 1. クライアント サービス コマンド
    クライアント サービス vCenter Server Appliance vCenter Server for Windows
    vSphere Web Client を再起動する

    vSphere 6.0、6.5、および 6.7

    > shell.set --enabled True
    > shell
    # service-control --stop vsphere-client
    # service-control --start vsphere-client
    
    > cd C:\Program Files\VMware\vCenter Server\bin
    > service-control --stop vspherewebclientsvc
    > service-control --start vspherewebclientsvc
    
    vSphere Client を再起動する

    vSphere 6.5 および 6.7

    > shell.set --enabled True
    > shell
    # service-control --stop vsphere-ui
    # service-control --start vsphere-ui
    
    > cd C:\Program Files\VMware\vCenter Server\bin
    > service-control --stop vsphere-ui
    > service-control --start vsphere-ui
    vSphere Client を再起動する

    vSphere 7.0

    > shell.set --enabled True
    > shell
    # service-control --stop vsphere-ui
    # service-control --start vsphere-ui
    

    vSphere 7.0 は、vCenter Server for Windows をサポートしていません

結果

vCenter Server から NSX Manager プラグインが削除されます。確認するには、vCenter Server をログアウトして、再度ログインします。

NSX Manager プラグインの [ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] アイコンが、vCenter Server Web Client または vSphere Client のホーム画面に表示されなくなります。

vSphere Web Client の [ホーム] 画面に表示された [ネットワークとセキュリティ] プラグイン アイコン。

[管理 (Administration)] > [クライアント プラグイン (Client Plug-Ins)] の順に移動し、プラグインのリストに [vShield Manager プラグイン (vShield Manager)] が含まれていないことを確認します。
注:
  • NSX 6.4.5 より前では、vSphere Web Client のクライアント プラグインの名前は [vShield Manager] です。NSX 6.4.5 以降では、プラグイン名は [NSX ユーザー インターフェイス プラグイン (NSX user interface plugin)] です。
  • HTML5 ベースの vSphere Client では、プラグイン名は [NSX ユーザー インターフェイス プラグイン (NSX user interface plugin)] です。

vSphere Web Client の [クライアント プラグイン] 画面で、[ネットワークとセキュリティ] プラグインが削除されています。