グローバル マネージャ 内から グローバル マネージャ と各 ローカル マネージャ のバックアップを設定し、開始することができます。

重要:

NSX-T Data Center 3.0.1 以降では、FQDN への グローバル マネージャ のリストアがサポートされています。

NSX-T Data Center 3.0.0 を使用している場合は、 グローバル マネージャ に FQDN を使用しないでください。 NSX-T Data Center 3.0.0 の グローバル マネージャ アプライアンスでは、IP アドレスのバックアップのみがサポートされます。
  • アクティブな グローバル マネージャ にログインして、[システム] > [バックアップとリストア] を選択します。環境内の各 グローバル マネージャローカル マネージャ が表示されます。手順については、バックアップの構成を参照してください。

  • グローバル マネージャ 内から ローカル マネージャ をリストアすることはできません。ローカル マネージャ バックアップをリストアするには、ローカル マネージャ にログインしてリストアします。手順については、バックアップのリストアを参照してください。

  • バックアップまたはリストアしているのが グローバル マネージャローカル マネージャ に関係なく、バックアップとリストアはアプライアンス固有の操作として扱われます。グローバル マネージャ のバックアップには、そのアプライアンスのデータベースのバックアップのみが含まれます。ローカル マネージャ には、そのアプライアンスのデータベースとインベントリのバックアップのみが含まれます。

  • グローバル マネージャローカル マネージャ をリストアする場合は、できるだけ近いバックアップ タイムスタンプを各アプライアンスで選択します。

  • 各アプライアンスがリストアされると、async replicator サービスは グローバル マネージャ と各 ローカル マネージャ 間の通信をリストアします。

フェデレーションでのリストア シナリオ

シナリオ リストア ワークフロー
グローバル マネージャ が失われます。 グローバル マネージャ をリストアします。リストアされると、グローバル マネージャ は、登録されている ローカル マネージャ に設定をプッシュします。
ローカル マネージャ が失われます。

ローカル マネージャ をリストアします。リストアされると、グローバル マネージャ からの構成

ローカル マネージャ と同期されます。
グローバル マネージャローカル マネージャ の両方が失われます。 グローバル マネージャローカル マネージャ の両方をリストアする場合は、各アプライアンスの最新のバックアップを使用します。グローバル マネージャローカル マネージャ がリストアされると、グローバル マネージャ が設定を ローカル マネージャ にプッシュします。

インベントリの違いや、ローカル マネージャグローバル マネージャ 間のファブリック関連の変更は、手動で解決する必要があります。