ESXi ホストのクラスタが vCenter Server に登録されている場合、 ESXi クラスタにトランスポート ノード プロファイルを適用して、すべてのホストを NSX-T Data Center トランスポート ノードとして自動的に準備できます。

前提条件

  • vCenter Server 内のすべてのホストがパワーオンされていることを確認します。
  • システム要件を満たしていることを確認します。システム要件を参照してください。
  • NSX Manager クラスタのすべてのノードで、リバース プロキシ サービスが稼動中になっている必要があります。

    確認するには、get service http を実行します。サービスが停止している場合は、各 NSX Manager ノードで restart service http を実行して、サービスを再起動します。サービスが停止している場合は、VMware サポートにお問い合わせください。

  • トランスポート ゾーンが使用可能であることを確認します。トランスポート ゾーンの作成 を参照してください。
  • トランスポート ノード プロファイルが設定されていることを確認します。トランスポート ノード プロファイルの追加 を参照してください。
  • (ロックダウン モードのホスト)vSphere ロックダウン モードの例外リストに期限切れのユーザー アカウントが含まれている場合、vSphereNSX-T Data Center をインストールできません。インストールを開始する前に、期限切れのユーザー アカウントをすべて削除してください。ロックダウン モードでアクセス権限を持つアカウントの詳細については、『vSphere セキュリティ ガイド』で「ロックダウン モードでのアクセス権を持つアカウントの指定」を参照してください。

手順

  1. ブラウザから、NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) に管理者権限でログインします。
  2. [システム] > [ファブリック] > [ノード] > [ホスト トランスポート ノード] を選択します。
  3. [管理対象] ドロップダウン メニューから既存の vCenter Server を選択します。
    この画面には、選択した vCenter Server で使用可能な vSphere クラスタまたは ESXi ホストが表示されます。 ESXi ホストを表示するには、クラスタの展開が必要になることがあります。
  4. クラスタを選択して、[NSX の設定] をクリックします。
  5. [NSX のインストール] ポップアップ ウィンドウで、[トランスポート ノード プロファイル] ドロップダウン メニューから、クラスタに適用するトランスポート ノード プロファイルを選択します。トランスポート ノードが作成されていない場合は、[新しいトランスポート ノード プロファイルの作成] をクリックして、新しいトランスポート ノード プロファイルを作成します。
  6. [適用] をクリックして、クラスタ内のすべてのホストでトランスポート ノードの作成プロセスを開始します。
  7. トランスポート ノードとして個別のホストを準備する場合は、そのホストを選択して [NSX の構成] をクリックします。
    [NSX の設定] ダイアログ ボックスが開きます。
    1. [ホストの詳細] パネルでホスト名を確認します。必要に応じて、説明を追加できます。
    2. [次へ] をクリックして、[NSX の設定] パネルに移動します。
    3. 使用可能なトランスポート ゾーンを選択し、[>] ボタンをクリックして、トランスポート ノード プロファイルにトランスポート ゾーンを含めます。
  8. [ホストの詳細] パネルでホスト名を確認し、[次へ] をクリックします。
    必要に応じて、説明を追加できます。
  9. [NSX の設定] パネルで、[ノード スイッチの作成] を展開します。
  10. [ノード スイッチの作成] セクションで、ホスト スイッチ タイプとして [N-VDS] を選択した場合は、次の手順で説明するフィールドの詳細を入力します。ホスト スイッチ タイプとして [VDS] を選択している場合は、次の手順に進みます。
    オプション 説明
    モード
    次のオプションのいずれかを選択します。
    • 標準:NSX-T Data Center によってサポートされているすべてのハイパーバイザーで使用可能な標準モードです。
    • ENS 割り込み:拡張データパス モードのバリアントです。
    • 拡張データパス:ネットワーク パフォーマンスの高速化を実現するモードです。このモードを有効にするには、ノードで VMXNET3 vNIC が有効になっているネットワーク カードを使用する必要があります。KVM、NSX Edge ノード、パブリック ゲートウェイではサポートされません。サポートされているハイパーバイザーは ESXi です。ESXi バージョン v6.7 U2 以降をおすすめします。
    名前 N-VDS スイッチの名前を入力します。
    トランスポート ゾーン

    関連付けられているホスト スイッチで認識されているトランスポート ゾーンが表示されます。トランスポート ノード プロファイル内にある N-VDS で認識されていないトランスポート ゾーンは、追加できません。

    NIOC プロファイル ドロップダウン メニューから NIOC プロファイルを選択します。

    トラフィック リソース用にプロファイル内で指定した帯域幅の割り当てが適用されます。

    アップリンク プロファイル ドロップダウン メニューから既存のアップリンク プロファイルを選択するか、アップリンクのカスタム プロファイルを作成します。

    デフォルトのアップリンク プロファイルも使用できます。

    トランスポート ノード上の複数の N-VDS ホスト スイッチは、同じ VLAN セグメントまたは VTEP プールに属している場合も、別の VLAN セグメントまたは VTEP IP プールに属している場合もあります。

    異なる N-VDS ホスト スイッチに異なるトランスポート VLAN セグメントを構成すると、アンダーレイの追加トラフィックを分離できます。

    LLDP プロファイル デフォルトでは、NSX-T は LLDP ネイバーから LLDP パケットの受信のみを行います。

    ただし、LLDP パケットを LLDP ネイバーに送信し、LLDP ネイバーから LLDP パケットを受信するように NSX-T を設定できます。

    IP 割り当て (TEP) トランスポート ノードの VXLAN トンネル エンドポイント (VTEP) に IP アドレスを割り当てる場合は、[DHCP を使用] または [IP プールを使用] を選択します。

    IP の割り当てに [IP プールを使用] を選択した場合は、トンネル エンドポイントに使用できる IP プール名と IP アドレスの範囲を指定します。

    チーミング ポリシー アップリンク マッピング

    選択した NSX-T アップリンク プロファイルで定義されているアップリンクを物理 NIC とマッピングします。マッピングに表示されるアップリンクの数は、アップリンク プロファイルの構成によって異なります。

    たとえば、upink-1(アクティブ)の行で、[物理 NIC] 列に移動して編集アイコンをクリックし、物理 NIC の名前を入力して、uplink-1(アクティブ)とのマッピングを完了します。同様に、他のアップリンクのマッピングを完了します。

    物理 NIC のみの移行

    このフィールドを設定する前に、次の点を考慮してください。

    • 定義されている物理 NIC が使用済み NIC であるか、使用されていない NIC であるかを確認します。
    • ホストの VMkernel インターフェイスを物理 NIC とともに移行する必要があるかどうかを判断します。

    フィールドを次のように設定します。

    • VSS スイッチまたは VDS スイッチから N-VDS スイッチに物理 NIC のみを移行する場合は、[物理 NIC のみの移行] を有効にします。

    • 使用済みの物理 NIC と関連付けられた VMkernel インターフェイス マッピングを移行する場合は、[物理 NIC のみの移行] を無効にします。VMkernel インターフェイスの移行マッピングが指定されている場合は、使用されていない、または使用可能な物理 NIC が N-VDS スイッチに接続されます。

    複数のホスト スイッチを使用しているホストで、次の操作を実行します。
    • すべてのホスト スイッチで物理 NIC のみを移行する場合は、物理 NIC を 1 回の操作で移行できます。
    • VMkernel インターフェイスを移行するホスト スイッチと、物理 NIC のみを移行するホスト スイッチが混在している場合は、次の操作を実行します。
      1. 最初の操作で、物理 NIC のみを移行します。
      2. 次の操作で、VMkernel インターフェイスを移行します。[物理 NIC のみの移行] が無効になっていることを確認します。

    物理 NIC のみの移行と VMkernel インターフェイスの移行は、複数のホストで同時にサポートされません。

    注: 管理ネットワークの NIC を移行するには、関連付けられた VMkernel ネットワークのマッピングを設定し、 [物理 NIC のみの移行] を無効のままにします。管理 NIC のみを移行する場合、ホストの接続は切断されます。

    詳細については、VMkernel の N-VDS スイッチへの移行を参照してください。

    インストール用のネットワーク マッピング

    インストール中に VMkernel を N-VDS スイッチに移行するには、VMkernel を既存の論理スイッチにマッピングします。NSX Manager により、VMkernel が N-VDS 上のマッピングされた論理スイッチに移行されます。

    注意: 管理 NIC が接続されていた VLAN と同じ VLAN に論理スイッチが接続されていて、そこに管理 NIC および管理 VMkernel インターフェイスが移行されることを確認します。vmnic <n> および VMkernel <n> が異なる VLAN に移行された場合は、ホストとの接続が切断されます。
    注意: 固定された物理 NIC の場合は、物理 NIC から VMkernel インターフェイスへのホスト スイッチのマッピングが、トランスポート ノード プロファイルで指定されている設定と一致することを確認します。検証手順の一環として、 NSX-T Data Center はマッピングを検証します。検証が成功すると、VMkernel インターフェイスが正常に N-VDS スイッチに移行したことになります。VMkernel インターフェイスを N-VDS スイッチに移行すると、 NSX-T Data Center にホスト スイッチのマッピング設定が保存されなくなるため、アンインストール用のネットワーク マッピングも設定する必要があります。このマッピングが設定されていない場合は、VSS スイッチまたは VDS スイッチに移行し直した後に、vSAN などのサービスとの接続が切断されることがあります。

    詳細については、VMkernel の N-VDS スイッチへの移行を参照してください。

    アンインストール用のネットワーク マッピング

    アンインストール中に、N-VDS スイッチに接続された VMkernel の移行を元に戻すには、VSS または DVS のポート グループに VMkernel をマッピングして、VMkernel を移行し直す VSS または DVS 上のポート グループを NSX Manager が認識できるようにします。VDS スイッチの場合は、ポート グループのタイプが短期であることを確認します。

    アンインストール中に、vSphere Distributed Switch (VDS) に作成された NSX-T ポート グループに接続されている VMkernel の移行を元に戻すには、VSS または DVS のポート グループに VMkernel をマッピングして、VMkernel を移行し直す VSS または DVS 上のポート グループを NSX Manager が認識できるようにします。VDS スイッチの場合は、ポート グループのタイプが短期であることを確認します。

    注意: 固定された物理 NIC の場合は、物理 NIC から VMkernel インターフェイスへのトランスポート ノード プロファイルのマッピングが、ホスト スイッチで指定されている設定と一致することを確認します。VMkernel インターフェイスを N-VDS スイッチに移行すると、 NSX-T Data Center にホスト スイッチのマッピング設定が保存されなくなるため、アンインストール用のネットワーク マッピングを設定する必要があります。このマッピングが設定されていない場合は、VSS スイッチまたは VDS スイッチに移行し直した後に、vSAN などのサービスとの接続が切断されることがあります。

    詳細については、VMkernel の N-VDS スイッチへの移行を参照してください。

  11. ホスト スイッチ タイプとして [VDS] を選択して、スイッチの詳細を入力します。
    オプション 説明
    モード
    次のオプションのいずれかを選択します。
    • 標準:NSX-T Data Center によってサポートされているすべてのハイパーバイザーで使用可能な標準モードです。
    • ENS 割り込み:拡張データパス モードのバリアントです。
    • 拡張データパス:ネットワーク パフォーマンスの高速化を実現するモードです。このモードを有効にするには、ノードで VMXNET3 vNIC が有効になっているネットワーク カードを使用する必要があります。KVM、NSX Edge ノード、パブリック ゲートウェイではサポートされません。サポートされているハイパーバイザーは ESXi です。ESXi バージョン v6.7 U2 以降をおすすめします。
    名前

    (vSphere クラスタによって管理されるホスト)ホスト スイッチを管理する vCenter Server を選択します。

    vCenter Server で作成された VDS を選択します。

    トランスポート ゾーン

    関連付けられているホスト スイッチで認識されているトランスポート ゾーンが表示されます。ホスト スイッチで認識されていないトランスポート ゾーンは追加できません。

    アップリンク プロファイル ドロップダウン メニューから既存のアップリンク プロファイルを選択するか、アップリンクのカスタム プロファイルを作成します。
    注: NSX-T Data Center アップリンク プロファイルと VDS スイッチに入力されている MTU 値が少なくとも 1600 に設定されていることを確認します。VDS スイッチの vCenter Server の MTU 値がアップリンク プロファイルに入力された MTU 値よりも低い場合、 NSX-T Data Center にエラーが表示され、 vCenter Server に適切な MTU 値を入力するように求められます。

    デフォルトのアップリンク プロファイルも使用できます。

    注: アップリンク プロファイルで定義されたリンク集約グループを VDS アップリンクにマッピングすることはできません。
    IP 割り当て (TEP) トランスポート ノードの VXLAN トンネル エンドポイント (VTEP) に IP アドレスを割り当てる場合は、[DHCP を使用] または [IP プールを使用] を選択します。

    IP の割り当てに [IP プールを使用] を選択した場合は、トンネル エンドポイントに使用できる IP プール名と IP アドレスの範囲を指定します。

    チーミング ポリシー スイッチ マッピング

    VDS のアップリンクを使用して NSX-T でアップリンク プロファイルをマッピングする前に、VDS スイッチにアップリンクが構成されていることを確認します。VDS スイッチのアップリンクを設定または表示するには、vCenter ServervSphere Distributed Switch の順に移動します。[アクション]、[設定]、[設定の編集] の順にクリックします。

    選択した NSX-T アップリンク プロファイルで定義されているアップリンクを VDS アップリンクとマッピングします。マッピングに表示される NSX-T アップリンクの数は、アップリンク プロファイルの構成によって異なります。

    たとえば、upink-1(アクティブ)の行で、[物理 NIC] 列に移動して編集アイコンをクリックし、VDS アップリンクの名前を入力して、uplink-1(アクティブ)とのマッピングを完了します。同様に、他のアップリンクのマッピングを完了します。

    注: VDS スイッチの場合、アップリンク/LAG、NIOC プロファイル、LLDP プロファイルは vSphere ESXi ホストでのみ定義できます。これらの構成は NSX Manager で使用できません。また、ホスト スイッチが VDS スイッチの場合、インストールおよびアンインストールに使用するネットワーク マッピングを NSX Manager で設定することはできません。VDS スイッチの VMkernel アダプタを管理するには、 vCenter Server に移動し、VMkernel アダプタを分散仮想ポート グループまたは NSX ポート グループに接続します。
  12. 複数のトランスポート ゾーンを選択した場合は、[+ スイッチの追加] を再度クリックして、他のトランスポート ゾーンのスイッチを構成します。
  13. [追加] をクリックして、構成を完了します。
  14. (オプション) ESXi の接続状況を確認します。
    # esxcli network ip connection list | grep 1235
    tcp   0   0  192.168.210.53:20514  192.168.110.34:1234   [ESTABLISHED]  1000144459  newreno  nsx-proxy
    
  15. [ホスト トランスポート ノード] 画面で、クラスタ内のホストの NSX Manager 接続状態が「稼動中」、NSX-T Data Center の設定状態が「成功」であることを確認します。構成プロセスでは、各トランスポート ノードにインストール プロセスの進行状況がパーセンテージで表示されます。どのステージでもインストールに失敗した場合は、失敗したステージで使用可能な [解決] リンクをクリックすることで、プロセスを再開できます。
    トランスポート ゾーンがクラスタ内のホストに適用されていることも確認できます。
    注: トランスポート ノード プロファイルですでに準備されているクラスタのホストを再構成すると、ノードの状態が 設定が一致しません になります。
    注: クラスタ内のホストで ESXi v7.0 以降が実行されており、ホスト スイッチが vSphere Distributed Switch の場合、ホスト トランスポート ノードのページに IP アドレスとホストの TEP アドレスが表示されます。TEP アドレスは、ホストの VMkernel NIC に割り当てられたアドレスです。IP アドレスは管理 IP アドレスです。
  16. (オプション) ホストの NSX-T Data Center VIB を削除します。
    1. 1 台以上のホストを選択して、[アクション] > [NSX の削除] の順にクリックします。
    アンインストールには最大で 3 分ほどかかります。 NSX-T Data Center をアンインストールすると、ホストのトランスポート ノードの設定が削除され、ホストはトランスポート ゾーンおよび N-VDS スイッチから接続解除されます。インストール プロセスと同様に、各トランスポート ノードで完了したアンインストール プロセスの割合を確認できます。どのステージでもアンインストールに失敗した場合は、失敗したステージで使用可能な [解決] リンクをクリックすることで、プロセスを再開できます。
  17. (オプション) トランスポート ゾーンからトランスポート ノードを削除します。
    1. 1 つのトランスポート ノードを選択して、[アクション] > [トランスポート ゾーンから削除] の順にクリックします。

次のタスク

ホストがトランスポート ノードの場合、 NSX Manager のユーザー インターフェイスまたは API を使用して、トランスポート ゾーン、論理スイッチ、論理ルーター、その他のネットワーク コンポーネントをいつでも作成できます。 NSX Edge ノードとホストを管理プレーンに追加するときに、 NSX-T Data Center の論理エンティティと設定状態が自動的に NSX Edge ノードとホストにプッシュされます。 NSX Manager ユーザー インターフェイスまたは API を使用して、トランスポート ゾーン、論理スイッチ、論理ルーター、その他のネットワーク コンポーネントをいつでも作成できます。ホストがトランスポート ノードの場合、これらのエンティティがホストで認識されます。

論理スイッチを作成して、論理ポートを割り当てます。『NSX-T Data Center 管理ガイド』の「高度なスイッチング」セクションを参照してください。