仮想インターフェイス (VIF) が構成されている場合は、VIF の一意の ID をセグメント ポートとして使用するように設定する必要があります。

UI を使用して、物理サーバのアプリケーション インターフェイスにセグメント ポートを構成することをおすすめします。UI を使用したトランスポート ノードとしての物理サーバの構成 を参照してください。

Ansible サポート モードは、物理サーバのアプリケーション インターフェイスを設定する自動スクリプトのセットです。

  • 固定モード:アプリケーション インターフェイスの IP アドレスを手動で設定します。
  • DHCP モード:アプリケーション インターフェイスの IP アドレスは動的に設定されます。
  • 移行モード:このモードでは、同じ IP アドレスを共有する管理とアプリケーションをサポートします。アンダーレイ モードまたは VLAN-0 ともいいます。
Linux または Windows 仮想マシンと物理サーバの場合:
  1. オペレーティング システムに合わせて Ansible をインストールします。https://docs.ansible.com/ansible/latest/installation_guide/intro_installation.htmlを参照してください。
  2. ansible-version コマンドを実行し、Ansible がバージョン 2.4.3 以降であることを確認します。
  3. Github (https://github.com/vmware/bare-metal-server-integration-with-nsxt) から NSX-T Data Center との物理サーバ統合をダウンロードして展開します。
Windows 物理サーバの場合のみ:
  1. pywinrm の pip をインストールします。
  2. pywinrm をインストールして pip install pywinrm を実行します。