リファレンス ホストがカスタム イメージ プロファイルに関連付けられ、VSS スイッチで設定されたら、リファレンス ホストを NSX-T のトランスポート ノードとして設定します。

手順

  1. ブラウザから NSX-T (https://<NSXManager_IPaddress>) にログインします。
  2. リファレンス ホストを探すには、[システム] -> [ノード] -> [ホスト トランスポート ノード] の順に移動します。
  3. VLAN トランスポート ゾーンを作成して、仮想ネットワークの範囲を定義します。この範囲は、N-VDS スイッチをトランスポート ゾーンに接続して定義されます。この接続に基づいて、N-VDS はトランスポート ゾーン内で定義されたセグメントにアクセスできます。トランスポート ゾーンの作成を参照してください。
  4. トランスポート ゾーンに VLAN セグメントを作成します。作成されたセグメントが論理スイッチとして表示されます。
    1. [ネットワーク] > [セグメント] の順に移動します。
    2. セグメントに接続するトランスポート ゾーンを選択します。
    3. VLAN ID を入力します。
    4. [保存] をクリックします。
  5. N-VDS または VDS スイッチが物理ネットワークに接続する方法を定義するリファレンス ホストにアップリンク プロファイルを作成します。アップリンク プロファイルの作成を参照してください。
  6. トランスポート ノードとしてリファレンス ホストを構成します。管理対象ホストのトランスポート ノードの設定を参照してください。
    1. [ホスト トランスポート ノード] 画面で、リファレンス ホストを選択します。
    2. (N-VDS スイッチ上で)[NSX の設定] をクリックし、以前に作成したトランスポート ゾーン、N-VDS、アップリンク プロファイルを選択します。
    3. (VDS スイッチ上で)[NSX の設定] をクリックし、以前に作成したトランスポート ゾーン、VDS、アップリンク プロファイルを選択します。
  7. [インストールするネットワーク マッピング] セクションで、[マッピングの追加] をクリックし、セグメント/論理スイッチのマッピングに VMkernel を追加します。
    注: VDS スイッチでは、VMkernel アダプタの移行はサポートされていません。
  8. [終了] をクリックして、リファレンス ホストで NSX-T のインストールを開始します。

    (VDS スイッチ上で)インストール後、リファレンス ホストの構成状態が Success と表示されます。vCenter Server で、VDS スイッチは NSX スイッチとして表示されます。

    (N-VDS スイッチ上で)インストール時に、VMkernel アダプタと物理 NIC が VSS または DVS スイッチから N-VDS スイッチに移行されます。インストール後、リファレンス ホストの構成状態が Success と表示されます。

    注: リファレンス ホストが [その他のホスト] に表示されます。
  9. vCenter Server で、VSS スイッチの物理 NIC アダプと VMkernel アダプタが移行され、N-VDS スイッチに接続していることを確認します。
    注: VDS スイッチでは、VMkernel アダプタと物理 NIC の移行はサポートされていません。NSX 分散仮想ポート グループと VMkernel アダプタの接続はサポートされていません。

次のタスク

ホスト プロファイルを抽出して確認します。ホスト プロファイルの抽出と確認 を参照してください。