NSX Cloud コンポーネントをインストールして設定し、NSX-T Data Center がパブリック クラウド ワークロード仮想マシンを管理できるようにするプロセスについては、この概要を参照してください。

注: 展開の計画中に、NSX-T Data Center アプライアンスがパブリック クラウドに展開された PCG と接続され、中継 VPC/VNet がコンピュート VPC/VNet と同じリージョンにあることを確認します。
表 1. NSX Cloud の展開ワークフロー
タスク 方法
CSM をインストールして NSX Manager と接続します。
注: NSX-T Data Center 3.1.1 以降では、Microsoft Azure を使用している場合、Microsoft Azure サブスクリプションで NSX Cloud コンポーネントを展開できます。 NSX Cloud マーケットプレイス イメージを使用した Microsoft Azure での NSX Cloud コンポーネントの展開 を参照してください。
NSX-T Data Center オンプレミス コンポーネントの展開 を参照してください。
CSM で 1 つ以上のパブリック クラウド アカウントを追加します。 パブリック クラウド アカウントの追加 を参照してください。
トランジット VPC または VNet 内で PCG を展開し、コンピュート VPC または VNet にリンクします。 NSX Public Cloud Gateway:展開のアーキテクチャとモード を参照してください。
次の手順 NSX-T Data Center 管理ガイド』の「NSX Cloud の使用」の手順に従って操作します。