アンインストールを行うために、vSphere Distributed Switch を使用してトランスポート ノードを準備するには、vSphere Distributed Switch(vCenter Server の NSX スイッチ)上のすべての VMkernel アダプタと物理 NIC を vSwitch0 に移行します。

N-VDS スイッチを使用して準備されたトランスポート ノードでは、アンインストール中にアンインストール ウィザードを使用して、vSwitch0 に移行する VMkernel アダプタと物理 NIC のマッピングを指定できます。アンインストールのためのホスト ネットワーク マッピングの確認 を参照してください。

このタスクでは、物理 NIC と VMkernel アダプタの移行に選択するスイッチのタイプに制限はありません。静的割り当てタイプまたは短期タイプのスイッチを選択できます。

VMkernel と物理 NIC の移行シナリオ:

  1. 以下の手順では、2 つの物理 NIC と VMkernel アダプタのあるホストについて検討します。
    • NSX スイッチでは、vmnic0 と vmnic1 がそれぞれアップリンク 1、2 に構成され、ポート グループが vmk1 と vmk0 に接続しています。

    • vSwitch0 に vmnic または VMkernel アダプタは構成されていません。移行中、vCenter Server は vmk の短期スイッチへの移行を制限しません。手順の最後で、vmnic0、vmnic1、vmk0、vmk1 が vSwitch0 に移行されます。

  2. (このタスクに含まれないシナリオ)ホストで NSX スイッチに構成されている物理 NIC と VMkernel アダプタが 1 つしかない場合は、次のいずれかの方法を選択できます。
    • 物理 NIC と VMkernel アダプタを vSwitch0 に移行するには、vSphere API(NetworkSystem インターフェイスの updateNetworkConfig メソッドを使用)を実行して、物理 NIC と VMkernel アダプタの両方を同時に移行します。vSphere Client は、このタイプの移行をサポートしていません。
    • VMkernel アダプタのみを NSX スイッチ(VDS スイッチ)の別の分散仮想ポート グループに移行するには、vSphere Client を使用して、VMkernel アダプタを NSX スイッチの別のポート グループに移行します。

手順の最後で、vmnic0、vmnic1、vmk0、vmk1 が vSwitch0 に移行されます。

前提条件

  • ESXi ホストが、vSphere Distributed Switch を使用してトランスポート ノードとして準備されていること。
  • VMkernel と物理 NIC は、インストール プロセスで vSphere Distributed Switch に移行されます。

手順

  1. ブラウザから管理者権限で https://<vCenterServer-ip-address> の vCenter Server にログインします。
  2. [ホスト] > [構成] > [仮想スイッチ] の順に移動します。
  3. vSwitch0 に移行する vmknic をメモしておきます。
  4. [ホーム] > [ネットワーク ] の順に移動して、データセンターで構成されているすべてのスイッチを表示します。
  5. [スイッチ] ページで [アクション] > [ホストの追加と管理] の順にクリックします。
  6. [ホスト ネットワークの管理] を選択します。
  7. [次へ] をクリックします。
  8. [メンバー ホストの選択] ウィンドウで、[ホスト] を選択します。
  9. [OK] をクリックします。
  10. [物理アダプタの管理] ウィンドウで [vmnic1] を選択し [アダプタの割り当て解除] をクリックします。
  11. クラスタの他のホストに同じ構成を適用するには、[アダプタの割り当て解除の確認] ウィンドウで [その他のすべてのホストにこの処理を適用します] を選択します。
  12. ウィザードを終了します。

    ホストの vmnic1 がすべて解放されます。

  13. vmnic1 を vSwitch0 に移行します。
    1. [ホスト] > [構成] > [仮想スイッチ] の順に移動します。
    2. [vSwitch0 ] セクションで、[物理アダプタの管理] をクリックします。
    3. vmnic1 を vSwitch0 に追加します。
    4. デフォルトの値を使用して、ウィザードを終了します。

      vCenter Server で、vmnic1 が vSwitch0 に移行され、IP アドレスが割り当てられていることを確認します。

  14. vmk1 を vSwitch0 に移行します。
    1. [ホスト] > [構成] > [仮想スイッチ] の順に移動します。
    2. [vSwitch0 ] セクションで、[VMkernel アダプタの移行] をクリックします。
    3. vmk1 を vSwitch0 に追加します。
    4. デフォルトの値を使用して、ウィザードを終了します。

      vCenter Server で、vmk1 が vSwitch0 に移行され、IP アドレスが割り当てられていることを確認します。

  15. 同様に、vmnic0 を vSwitch0 に移行し、vmk0 を vSwitch0 の既存のポート グループまたは新しいポート グループに移行します。

    vmnic0 と vmk0 に新しい IP アドレスが割り当てられていることを確認します。

  16. NSX スイッチに vmk がないことを確認します。すべての vmk を NSX スイッチ上の vSwitch 0 または別のポート グループに移行する必要があります。

次のタスク

NSX Manager に移動し、トランスポート ノードをアンインストールします。アンインストール プロセスの終了時に、ホストの構成状態が Not Configured になっていることを確認します。これで、ホストでの NSX-T Data Center のアンインストールが完了します。