vSphere Clientを使用すると、NSX Manager 仮想アプライアンスを展開できます。同じ OVF ファイルを使用して、3 種類のアプライアンス(NSX ManagerNSX Cloud の NSX Cloud Service ManagerNSX フェデレーショングローバル マネージャ)を展開できます。

Cloud Service Manager は、NSX-T Data Center コンポーネントを使用する仮想アプライアンスで、パブリック クラウドへのコンポーネントの組み込みを行います。

前提条件

  • システム要件を満たしていることを確認します。システム要件を参照してください。
  • 必要なポートが開いていることを確認します。ポートとプロトコル を参照してください。
  • ESXi ホストでデータストアが構成されていて、アクセスできることを確認します。
  • NSX Manager または Cloud Service Manager で使用する IP アドレスとゲートウェイ、DNS サーバの IP アドレス、ドメイン検索リスト、NTP サーバの IP または FQDN のリストを確認します 。
  • まだ作成していない場合は、宛先の仮想マシン ポート グループ ネットワークを作成します。NSX-T Data Center アプライアンスを管理仮想マシン ネットワークに配置します。

    複数の管理ネットワークが存在する場合は、NSX-T Data Center アプライアンスから他のネットワークへのスタティック ルートを追加できます。

  • NSX Manager IPv4 IP アドレス スキームを使用します。

手順

  1. VMware ダウンロード ポータルで NSX-T Data Center OVA ファイルを見つけます。

    ダウンロード URL をコピーするか、OVA ファイルをダウンロードします。

  2. vSphere Client で、NSX-T Data Center をインストールするホストまたはホスト クラスタを選択します。
  3. 右クリックして [OVF テンプレートの展開] を選択し、インストール ウィザードを開始します。
  4. OVA のダウンロード URL を入力するか、OVA ファイルに移動して、[次へ] をクリックします。
  5. NSX Manager 仮想マシンの名前と場所を入力して、[次へ] をクリックします。

    ここに入力する名前が vSpherevCenter Server インベントリに表示されます。

  6. NSX Manager アプライアンスのコンピューティング リソースを選択して、[次へ] をクリックします。
    • vCenter Server によって管理される ESXi ホストにインストールする場合は、NSX Manager アプライアンスを展開するホストを選択します。
    • スタンドアローンの ESXi ホストにインストールする場合は、NSX Manager アプライアンスを展開するホストを選択します。
  7. OVF テンプレートの詳細を確認して、[次へ] をクリックします。
  8. 展開の構成サイズを指定して、[次へ] をクリックします。
    ウィザードの右側にある説明パネルに、選択した構成の詳細が表示されます。
  9. 構成とディスク ファイルのストレージを指定します。
    1. 仮想ディスク フォーマットを選択します。
    2. 仮想マシン ストレージ ポリシーを選択します。
    3. NSX Manager アプライアンスのファイルを格納するデータストアを指定します。
    4. [次へ] をクリックします。
  10. 各ソース ネットワークのターゲット ネットワークを選択します。
  11. NSX Manager のポート グループまたはインストール先ネットワークを選択します。
  12. IP 割り当ての設定を行います。
    1. IP 割り当ての場合は、固定 - 手動 を指定します。
    2. IP プロトコルの場合は、IPv4 を選択します。
  13. [次へ] をクリックします。
    次の手順は、OVF テンプレートの展開ウィザードの [テンプレートのカスタマイズ] セクションにあります。
  14. [アプリケーション] セクションで、NSX Managerのシステム ルート、CLI 管理者、監査パスワードを入力します。rootadmin の認証情報は必須フィールドです。
    パスワード強度の基準に準拠したパスワードを使用する必要があります。
    • 12 文字以上
    • 1 文字以上の小文字
    • 1 文字以上の大文字
    • 1 文字以上の数字
    • 1 文字以上の特殊文字
    • 5 文字以上の異なる文字
    • 次の Linux PAM モジュールの引数によって、デフォルトのパスワード強度ルールが適用されます。
      • retry=3:新しいパスワードの最大入力回数。この引数では、最大 3 回までの入力を許可しています。これを超えると、エラーが返されます。
      • minlen=12:新しいパスワードに許容される最小サイズ。新しいパスワードの文字数だけでなく、それぞれの文字種(特殊、大文字、小文字、数字)ごとにクレジット (+1) が指定されます。
      • difok=0:新しいパスワードで異なる必要がある最小バイト数。古いパスワードと新しいパスワードの類似性を示します。difok に 0 を割り当てると、古いパスワードと新しいパスワードで異なる文字列を使用する必要はありません。完全一致が許可されます。
      • lcredit=1:新しいパスワードに小文字を使用する場合の最大クレジット。小文字が 1 文字以下の場合は、現在の minlen 値に合わせるため、それぞれの文字が +1 とカウントされます。
      • ucredit=1:新しいパスワードに大文字を使用する場合の最大クレジット。大文字が 1 文字以下の場合、現在の minlen 値に合わせるため、それぞれの文字が +1 とカウントされます。
      • dcredit=1:新しいパスワードに数字が含まれる場合の最大クレジット。数字が 1 個以下の場合、現在の minlen 値に合わせるため、それぞれの数字が +1 とカウントされます。
      • ocredit=1:新しいパスワードに特殊文字を使用する場合の最大クレジット。特殊文字が 1 個以下の場合、現在の minlen 値に合わせるため、それぞれの文字が +1 とカウントされます。
      • enforce_for_root:root ユーザーに設定されるパスワード。
      注: Linux PAM モジュールでパスワードと辞書の単語を比較する方法については、man ページを参照してください。

      たとえば、VMware123!123VMware12345 のような単純で体系的なパスワードの使用は避けます。単純で体系的なパスワードは強度の要件を満たしませんが、VMware123!45VMware 1!2345VMware@1az23x のような英字、特殊文字、数字を組み合わせたパスワードは強度の要件を満たします。

  15. [オプション パラメータ] セクションで、パスワード フィールドは空白のままにします。これは、vCenter Server へのアクセス権を持つユーザーによって VMC ロールのパスワードを悪用するリスクを回避するためです。NSX-T Data Center の VMC を展開する場合、このフィールドは、クラウド管理者ロールとクラウド監査ロールのパスワードを設定するために内部で使用されます。
  16. [ネットワーク プロパティ] セクションで、NSX Manager のホスト名を入力します。
    注: ホスト名は、有効なドメイン名にする必要があります。ドットで区切られたホスト名(ドメイン/サブドメイン)の各部分は、英字で始まっている必要があります。
  17. アプライアンスの [ロール名] を選択します。デフォルトのロールは [NSX Manager] です。
    • NSX Manager アプライアンスをインストールするには、[NSX Manager] ロールを選択します。
    • NSX フェデレーション 展開で グローバル マネージャ アプライアンスをインストールするには、[NSX グローバル マネージャ] ロールを選択します。

      詳細については、NSX フェデレーション の使い方を参照してください。

    • NSX Cloud 展開で Cloud Service Manager (CSM) アプライアンスをインストールするには、[nsx-cloud-service-manager] ロールを選択します。

      詳細については、NSX Cloud の展開の概要を参照してください。

  18. (必須フィールド)デフォルト ゲートウェイ、管理ネットワークの IPv4、管理ネットワークのネットマスクを入力します。
  19. [DNS] セクションで、DNS サーバ リストとドメイン検索リストを入力します。
  20. [サービス構成] セクションで、NTP サーバの IP または FQDN のリストを入力します。
    必要に応じて、SSH サービスを有効にして、root の SSH ログインを許可することができます。(推奨されません。)
    注: NSX Manager ノードを展開した後は、展開時に設定した root ユーザーの SSH 設定を変更することはできません。たとえば、展開中に root ユーザーの SSH を無効にした場合、後で有効にすることはできません。
  21. すべてのカスタム OVF テンプレートの仕様が正確であることを確認し、[終了] をクリックしてインストールを開始します。
    インストールには 7 ~ 8 分かかる場合があります。
  22. vSphere Client から仮想マシン コンソールを開いて、ノードの起動プロセスを追跡します。
  23. ノードが起動した後、admin として CLI にログインし、get interface eth0 コマンドを実行して、IP アドレスが想定どおりに適用されていることを確認します。
  24. get services コマンドを入力して、すべてのデフォルトのサービスが実行されていることを確認します。
    デフォルトでは、次のサービスは必要なく、自動的に開始されません。
    • liagent
    • migration-coordinator:このサービスは、Migration Coordinator の実行時にのみ使用されます。このサービスを開始する前に、NSX-T Data Center Migration Coordinator ガイドを参照してください。
    • snmp:SNMP の起動の詳細については、NSX-T Data Center 管理ガイド の「簡易ネットワーク管理プロトコル」を参照してください。
    • nsx-message-bus:このサービスは NSX-T Data Center 3.0 では使用されていません。
  25. NSX ManagerCloud Service Manager または グローバル マネージャ ノードに必要な接続があることを確認します。
    次のタスクを実行できることを確認します。
    • 別のマシンからノードに ping を実行します。
    • ノードは、デフォルト ゲートウェイに ping を実行できます。
    • ノードは、管理インターフェイスを使用して、同じネットワーク上のハイパーバイザー ホストに ping を実行できます。
    • ノードは、DNS サーバと、NTP サーバの IP または FQDN のリストに ping を実行できます。
    • SSH を有効にした場合は、SSH を使用してノードに接続できることを確認します。

    接続が確立されていない場合は、仮想アプライアンスのネットワーク アダプタが適切なネットワークまたは VLAN に配置されていることを確認します。

次のタスク

サポートされている Web ブラウザで NSX Manager にログインします。詳細については、新しく作成された NSX Manager にログインします。を参照してください。