NSX Data Center 環境を NSX-v から NSX-T に移行するには、NSX-v 環境の詳細を入力する必要があります。

Migration Coordinator サービスは、1 台の NSX Manager ノード上で実行されます。

注意:

NSX-v 移行のターゲットとなる新しい NSX-T Data Center 環境を展開します。

[構成のインポート]のステップで、ターゲットの NSX-T Data Center 環境のすべての NSX Edge ノード インターフェイスがシャットダウンされます。ターゲット NSX-T Data Center 環境が構成済みで、すでに使用されている場合、構成のインポートを開始するとトラフィックが中断されます。

前提条件

  • NSX-v 環境に関連付けられている vCenter Server システムが NSX-T Data Center にコンピュート マネージャとして登録されていることを確認します。コンピュート マネージャの追加 を参照してください。
  • NSX-v 環境で Edge Services Gateway が使用されている場合は、Edge TEP に使用する IP プールを NSX-T 環境に作成していることを確認します。Edge トンネル エンドポイントの IP アドレス プールの作成 を参照してください。
  • SSH を使用して、admin として NSX Manager 仮想マシンにログインし、Migration Coordinator サービスを開始します。
    NSX-Manager1> start service migration-coordinator

手順

  1. ブラウザから、Migration Coordinator サービスを開始した NSX Manager ノードにログインします。admin としてログインします。
  2. [システム] > [移行] の順に移動します。
  3. [NSX for vSphere] ペインで、[開始] をクリックします。
  4. [構成のインポート] 画面から、[NSX を選択] をクリックし、vCenter ServerNSX-v の認証情報を入力します。
    注: vCenter Server のドロップダウン メニューに、コンピュート マネージャとして登録されたすべての vCenter Server システムが表示されます。コンピュート マネージャを追加する必要がある場合は、 [新規追加] をクリックします。
  5. [開始] をクリックして、設定をインポートします。
  6. インポートが完了したら、[続行] をクリックして、[構成の解決] 画面に進みます。

    Edge ノード構成の変換の問題でインポートが失敗した場合は、[失敗] フラグをクリックして、必要な NSX Edge リソースの数とサイズに関する情報を表示します。正しい数とサイズの Edge ノードを展開した後、[ロールバック] をクリックしてこの移行をロールバックし、構成のインポートを再開します。

結果

NSX-v のトポロジが正常にインポートされると、[インポートされたトポロジを表示] リンクが有効になります。このリンクをクリックすると、インポートされたトポロジのグラフが表示されます。ただし、スケーリングされた NSX-v 環境ではトポロジ ビューアは機能しません。