Edge レベルで、[Edge のオーバーライドを有効化 (Enable Edge Override)] チェックボックスをオンにして、プロファイルから継承されたレイヤー 2 設定をオーバーライドすることができます。

Edge レベルで ARP タイムアウト値をオーバーライドするには、次の手順を実行します。

手順

  1. SD-WAN Orchestrator から、[構成 (Configure)] > [Edge (Edges)] の順に移動します。
    [VeloCloud Edge (VeloCloud Edges)] ページが表示されます。
  2. L2 設定をオーバーライドする Edge を選択し、[デバイス (Device)] 列の下にあるアイコンをクリックします。
    選択した Edge の [デバイス設定 (Device Setting)] ページが表示されます。
  3. [L2 設定 (L2 Settings)] 領域に移動し、[Edge のオーバーライドを有効化 (Enable Edge Override)] チェックボックスをオンにします。
  4. [デフォルトの ARP タイムアウトをオーバーライド (Override default ARP Timeouts)] チェックボックスをオンにし、プロファイルから継承されたさまざまな ARP タイムアウトを次のようにオーバーライドします。
    フィールド 説明
    ARP Stale タイムアウト 許容値の範囲は 1 分から 23 時間 58 分です。
    ARP Dead タイムアウト 許容値の範囲は 2 分から 23 時間 59 分です。
    ARP Cleanup タイムアウト 許容値の範囲は 3 分から 24 時間です。
    注: ARP タイムアウト値は、分単位でのみ指定できます。Stale、Dead、Cleanup タイムアウトの詳細な説明については、 プロファイルのレイヤー 2 設定の構成を参照してください。
    注: Edge レベルでデフォルトの ARP タイムアウト値を設定するには、 [デフォルトの ARP タイムアウトをオーバーライド (Override default ARP Timeouts)] チェックボックスをオフにします。
  5. [変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。

次のタスク

プロファイル レベルでデフォルトの ARP タイムアウトをオーバーライドできます。詳細については、プロファイルのレイヤー 2 設定の構成を参照してください。