リカバリ プランをテストする場合、VMware Site Recovery では、リカバリ サイトのテスト ネットワークとレプリケートされたデータの一時的なスナップショットでリカバリ プランの仮想マシンが実行されます。VMware Site Recovery では、保護サイトの操作が中断することはありません。

リカバリ プランをテストすると、プランのすべての手順が実行されます。ただし、保護サイトの仮想マシンをパワーオフすることと、レプリケートされたデータをリカバリ サイトのデバイスで制御可能にすることはできません。プランにおいてリカバリ サイトのローカル仮想マシンをサスペンドする必要がある場合、VMware Site Recovery はテスト中にそれらの仮想マシンをサスペンドします。本番環境へのその他の変更は、どちらのサイトでもリカバリ プランのテストで実行されることはありません。

リカバリ プランをテストすると、リカバリ プラン内の仮想マシンの全ディスク ファイルのリカバリ サイトにスナップショットが作成されます。スナップショットの作成は、ストレージの I/O 待ち時間に追加されます。VMware Virtual SAN ストレージを使用してリカバリ プランをテストする際に応答時間の低下が検出される場合、Virtual SAN インターフェイスの監視ツールを使用して I/O 待ち時間を監視します。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  2. Site Recovery の [ホーム] タブで、サイト ペアを選択し、[詳細表示] をクリックします。
  3. [リカバリ プラン] タブを選択し、リカバリ プランを右クリックして、[テスト] を選択します。
    リカバリ プランの [リカバリ手順] ビューで [テスト] アイコンをクリックして、テストを実行することもできます。
  4. (オプション) [最近の変更をリカバリ サイトに複製する] を選択します。
    このオプションを選択すると、リカバリ サイトで保護仮想マシンの最新コピーを得ることができますが、同期にもっと時間がかかる場合があります。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. テストの情報を確認し、[終了] をクリックします。
  7. テストの進行状況を監視したり、メッセージに応答したりするには、[リカバリ] タブの [リカバリ手順] タブをクリックします。
    [復旧ステップ] タブには、個々のステップの進行状況が表示されます。[最近のタスク] のテスト タスクによって、全体的な進捗を追跡します。

次のタスク

リカバリ プランのテストが完了したらクリーンアップ操作を実行し、リカバリ プランをテスト前の元の状態に戻します。