リカバリ プランをテストした後、クリーンアップ操作を実行することで、リカバリ プランを初期状態に戻すことができます。フェイルオーバーまたは別のテストを実行する前に、クリーンアップ操作を完了する必要があります。

Site Recovery Manager は、テスト後にいくつかのクリーンアップ操作を実行します。

  • 復旧した仮想マシンをパワーオフします。
  • ID と構成情報を保持したまま、復旧した仮想マシンをプレースホルダに置き換えます。
  • テスト中に復旧した仮想マシンによって使用されていた、レプリケートされたストレージのスナップショットをクリーンアップします。

前提条件

復旧プランのテストが完了したことを確認します。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  2. Site Recovery の [ホーム] タブで、サイト ペアを選択し、[詳細表示] をクリックします。
  3. [リカバリ プラン] タブを選択し、リカバリ プランを右クリックして、[クリーンアップ] を選択します。
    リカバリ プランの [リカバリ手順] ビューで [クリーンアップ] アイコンをクリックして、テストを実行することもできます。
  4. クリーンアップ情報を確認し、[次へ] をクリックします。
  5. [終了] をクリックします。
  6. クリーンアップの完了後にエラーが生じた場合は、[強制クリーンアップ] オプションを選択した状態で再度、クリーンアップを実行します。
    [強制クリーンアップ] オプションを使用すると、エラーを無視して仮想マシンが強制的に削除され、プランが準備状態に戻ります。必要な場合は、クリーンアップに成功するまで、 [強制クリーンアップ] オプションを選択した状態で複数回、クリーンアップを実行してください。