計画された状況下でリカバリ プランを実行し、仮想マシンを保護サイトからリカバリ サイトに移行できます。また、保護サイトでデータ損失につながるおそれのある予期しないイベントが発生した場合には、計画されていない状況下でリカバリ プランを実行することもできます。

計画移行中に、Site Recovery Manager はリカバリ サイトの仮想マシンのデータを保護サイトの仮想マシンと同期します。Site Recovery Manager は、保護マシンを正常にシャットダウンし、データ損失を防止するための最終同期を実行し、次にリカバリ サイトの仮想マシンのパワーオンを試みます。計画済みの移行中にエラーが発生した場合、プランは停止されるので、エラーを解決してプランを再実行できます。復旧後、仮想マシンを再保護できます。

ディザスタ リカバリでは、Site Recovery Manager は、最初にストレージ同期を試みます。それが成功すると、Site Recovery Manager は、レプリケーション技術を構成する際に設定する目標復旧ポイント (RPO) に基づいて、同期されたストレージ状態を使用してリカバリ サイトの仮想マシンを最新の使用可能な状態にリカバリします。リカバリ プランを実行してディザスタ リカバリを行う場合、Site Recovery Manager は、保護サイトの仮想マシンのシャットダウンを試みます。Site Recovery Manager が仮想マシンを停止できない場合にも、Site Recovery Manager はリカバリ サイトでコピーを開始します。保護サイトがディザスタ リカバリ後にオンラインに復帰すると、リカバリ プランは本番環境の仮想マシンが両方のサイトで稼動する矛盾した状態になります。これは、スプリット ブレイン問題と呼ばれます。Site Recovery Manager はこの状態を検出し、プランを再度実行して、保護サイトの仮想マシンをパワーオフできるようにします。その後に、リカバリ プランは整合性のある状態に戻るので、再保護を実行できます。

Site Recovery Manager は、VMware Tools のハートビートを使用してリカバリ サイトで実行している仮想マシンを検出します。このようにして、Site Recovery Manager はすべての仮想マシンがリカバリ サイトで動作していることを確認できます。VMware Tools は、保護された仮想マシンのゲスト OS を正常にシャットダウンするためにも使用されます。したがって、保護された仮想マシンに VMware Tools をインストールすることをお勧めします。保護された仮想マシンに VMware Tools をインストールしないか、またはインストールできない場合は、リカバリした仮想マシンで VMware Tools の起動を待たずにゲスト OS のシャットダウン手順をスキップするように Site Recovery Manager を構成する必要があります。リカバリ設定の変更を参照してください。

Site Recovery Manager が最終レプリケーションを完了すると、Site Recovery Manager は両方のサイトを変更します。この変更を元に戻すには、かなりの時間と労力を要します。この時間と労力を考えると、リカバリ プランをテストする権限とリカバリ プランを実行する権限は、別々に割り当てる必要があります。