リカバリ時に、ユーザーの了承が必要なメッセージ プロンプトを表示する手順を追加できます。

前提条件

  • カスタム ステップを追加するリカバリ プランがあります。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  2. Site Recovery の [ホーム] タブで、サイト ペアを選択し、[詳細表示] をクリックします。
  3. [リカバリ プラン] タブでリカバリ プランを選択し、[リカバリ手順] をクリックします。
  4. [表示] ドロップダウン メニューで、手順を追加して実行するリカバリ プランの種類を選択します。
    オプション 説明
    [テスト手順] リカバリ プランを手順するときに実行する手順を追加します。
    [リカバリ手順] 計画移行やディザスタ リカバリを実行するときに実行する手順を追加します。
    クリーンアップや再保護の操作には手順を追加できません。
  5. ステップを追加する場所を選択します。
    • 手順の前に手順を追加するには、目的の手順を右クリックして [先行する手順を追加] を選択します。
    • 最後の手順の後に手順を追加するには、最後の手順を右クリックして [後続の手順を追加] を選択します。
  6. [名前] テキスト ボックスに、手順の名前を入力します。
    [リカバリ手順] ビューの手順のリストに手順名が表示されます。
  7. [コンテンツ] テキスト ボックスに、リカバリ プランの実行中に表示するメッセージを入力します。
  8. [追加] をクリックしてリカバリ プランにステップを追加します。

次のタスク

新規作成したステップを右クリックして、ステップの編集や削除、または前後にステップを追加するオプションを選択できます。