リカバリ プランを実行するときと、VMware Site Recovery によってリカバリ プランの全仮想マシンがリカバリ サイトに移行されます。VMware Site Recovery は、保護サイトの対応する仮想マシンをシャットダウンしようとします。

注意: リカバリ プランを実行すると、保護サイトとリカバリ サイトの構成に大幅な変更が加えられ、レプリケーションが停止します。テストしていないリカバリ プランを実行しないでください。これらの変更を取り消すと大幅に時間と労力がかかる可能性があり、サービスのダウンタイムが長引く可能性があります。

前提条件

  • 強制リカバリを使用するには、最初にこの機能を有効にしなければなりません。強制リカバリを有効にするには、リカバリ設定の変更 に説明されている [recovery.forceRecovery] 設定を有効にします。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  2. Site Recovery の [ホーム] タブで、サイト ペアを選択し、[詳細表示] をクリックします。
  3. [リカバリ プラン] タブを選択し、リカバリ プランを右クリックして、[実行] を選択します。
    リカバリ プランの [リカバリ手順] ビューで [実行] アイコンをクリックして、リカバリ プランを実行することもできます。
  4. 確認画面で情報を見直し、[この処理によって、保護データセンターとリカバリ データセンターの両方の仮想マシンとインフラストラクチャが永久的に変更されることを理解しています] を選択します。
  5. 実行する復旧のタイプを選択します。
    オプション 説明
    計画移行 両方のサイトが実行されている場合、仮想マシンをリカバリ サイトに復旧します。計画移行中に保護サイトでエラーが発生した場合、計画移行操作は失敗します。
    ディザスタ リカバリ 保護サイトに問題がある場合、仮想マシンをリカバリ サイトに復旧します。ディザスタ リカバリ中に保護サイトでエラーが発生した場合、ディザスタ リカバリは失敗せずに続行されます。
  6. (オプション) [強制リカバリ - リカバリ サイトの操作のみ] チェック ボックスを選択します。
    強制リカバリ機能を有効にし、 [ディザスタ リカバリ] を選択した場合、このオプションを使用できます。
  7. [次へ] をクリックします。
  8. 復旧情報を確認し、[終了] をクリックします。
  9. リカバリ プランをクリックし、[リカバリ手順] をクリックします。
    [復旧ステップ] タブには、個々のステップの進行状況が表示されます。[最近のタスク] 領域には、プラン全体の進行状況が表示されます。