vSphere Replication 8.5 Configuration Import/Export Tool には、構成データのインポートまたはエクスポートに使用できるさまざまなオプションが含まれています。

表 1. vSphere Replication 8.5 Configuration Import/Export Tool のオプション
オプション 説明
--export エクスポートを実行する際に必要です。--import と一緒に使用することはできません。
--properties ツールの使用を自動化するときにロードするプロパティ ファイルへのパス。
--exportProperties プロパティ ファイルを使用してエクスポートを開始する場合に使用します。
--exportInteractive 必須情報を入力するプロンプトによって対話型エクスポートを開始する場合に使用します。
--exportPath エクスポートされたファイルを作成するディレクトリを指定する場合に使用します。ディレクトリを指定しない場合、ファイルはインポート/エクスポート ツールの場所にエクスポートされます。
--import 構成データをインポートする際に必要です。--export と一緒に使用することはできません。
--importInteractive 必須情報を入力するプロンプトによって対話型インポートを開始する場合に使用します。
--importProperties プロパティ ファイルを使用してインポートを開始する場合に使用します。
--path データのインポートに使用します。以前にエクスポートしたファイルへのパス。
--lspp Platform Services Controller のアドレスです。IP アドレスまたは FQDN を指定できます。vSphere Replication の場合は、lookup.service.address プロパティと一致している必要があります。
--port <[1, 2147483647]> Lookup Service のポート番号。デフォルト値は 443 です。
--localVrName ローカル vSphere Replication Management サーバの名前。local.vr.name プロパティと一致している必要があります。
--remoteVrName リモート vSphere Replication Management サーバの名前。remote.vr.name プロパティと一致している必要があります。
--localAuthCredsUsername ローカル vCenter Server のユーザー名。
--localAuthCredsPass ローカル vCenter Server のパスワード。
--remoteAuthCredsUsername リモート vCenter Server のユーザー名。
--remoteAuthCredsPass リモート vCenter Server のパスワード。
--format エクスポートした XML ファイルの形式を改善して読みやすくするために使用します。--format オプションを使用すると、ファイルのサイズが大幅に増加します。
プロパティ ファイルを使用するコマンドの例
java -jar /opt/vmware/vr-impex-tool/vr-impex-tool-<version>.jar --format --exportProperties=/opt/vmware/vr-impex-tool/sample.properties --exportPath=/opt/vmware/vr-impex-tool/
java -jar /opt/vmware/vr-impex-tool/vr-impex-tool-<version>.jar --format --importProperties=/opt/vmware/vr-impex-tool/sample.properties --importPath=/opt/vmware/vr-impex-tool/sample.xml
サンプル プロパティ ファイル
lookup.service.address=my.psc.address.com
local.auth.credentials.vc.username=localAdmin
local.auth.credentials.vc.password=localAdminSecretPass
remote.auth.credentials.vc.username=remoteAdmin
remote.auth.credentials.vc.password=remoteAdminSecretPass
local.vr.name=sc2-rdops-vm08-dhcp-15-152.eng.vmware.com
#local.srm.name=sc-rdops-vm12-dhcp-104-58.eng.vmware.com
remote.vr.name=sc-rdops-vm12-dhcp-109-104.eng.vmware.com
format=true
対話モードのコマンドの例
java -jar /opt/vmware/vr-impex-tool/vr-impex-tool-<version>.jar --exportInteractive
java -jar /opt/vmware/vr-impex-tool/vr-impex-tool-<version>.jar --importInteractive
対話モードの使用例
java -jar /opt/vmware/vr-impex-tool/vr-impex-tool-<version>.jar --exportInteractive
***Copyright (c) 2018-2019 VMware, Inc. All rights reserved.***
Initiating CMD interaction.
Enter host name or IP address of a Lookup Service:10.193.15.152
Enter port (or press Enter in case you use the default - 443):
Host sc2-rdops-vm08-dhcp-15-152.eng.vmware.com has untrusted certificate with SHA-1 Thumbprint: 82:CF:58:F2:E7:C6:A1:4C:
89:FC:7B:05:31:DD:13:00:28:21:DA:F3 .
Accept thumbprint? (y/n):y
Enter username for sc2-rdops-vm08-dhcp-15-152.eng.vmware.com:administrator@vsphere.local
Enter password for sc2-rdops-vm08-dhcp-15-152.eng.vmware.com:
Establishing connection...
Available VR servers:
[0] sc-rdops-vm12-dhcp-109-104.eng.vmware.com
[1] sc2-rdops-vm08-dhcp-15-152.eng.vmware.com
0
One VR server found: sc2-rdops-vm08-dhcp-15-152.eng.vmware.com
Enter username for pair site 'sc-rdops-vm12-dhcp-109-104.eng.vmware.com':administrator@vsphere.local
Enter password for pair site 'sc-rdops-vm12-dhcp-109-104.eng.vmware.com':
Collecting data...
Starting export...
2019-10-30 04:21:18,464 DEBUG - VR inventory export started.
2019-10-30 04:21:18,548 DEBUG - Replication groups export started.
2019-10-30 04:21:18,585 DEBUG - VR inventory export ended.
2019-10-30 04:21:19,228 DEBUG - Replication groups export ended.
Writing to file started.
Writing to file finished.
Export ended successfully.
プロパティ ファイルを使用しないコマンドの使用例
java -jar C:\Users\Administrator\Downloads\impex\vr-import-export-tool-8.3.0.jar --export --localVrName=sc2-rdops-vm08-dhcp-15-152.eng.vmware.com --remoteVrName=sc-rdops-vm12-dhcp-109-104.eng.vmware.com --lspp=10.193.15.152 --format --exportPath=/opt/vmware/vr-impex-tool/ --localAuthCredsUsername=administrator@vsphere.local --remoteAuthCredsUsername=administrator@vsphere.local --localAuthCredsPass=***** --remoteAuthCredsPass=*****
プロパティ ファイルを使用しないコマンドの使用例
java -jar /opt/vmware/vr-impex-tool/vr-impex-tool-<version>.jar --export --localVrName=sc2-rdops-vm08-dhcp-15-152.eng.vmware.com --remoteVrName=sc-rdops-vm12-dhcp-109-104.eng.vmware.com --lspp=10.193.15.152 --format --exportPath=/opt/vmware/vr-impex-tool/ --localAuthCredsUsername=administrator@vsphere.local --remoteAuthCredsUsername=administrator@vsphere.local --localAuthCredsPass=***** --remoteAuthCredsPass=*****
***Copyright (c) 2018-2019 VMware, Inc. All rights reserved.***
Initiating CMD interaction.
Establishing connection...
Collecting data...
Starting export...
2019-10-30 04:28:54,426 DEBUG - VR inventory export started.
2019-10-30 04:28:54,508 DEBUG - Replication groups export started.
2019-10-30 04:28:54,543 DEBUG - VR inventory export ended.
2019-10-30 04:28:55,230 DEBUG - Replication groups export ended.
Writing to file started.
Writing to file finished.
Export ended successfully.