Site Recovery Manager 仮想アプライアンス管理インターフェイスを使用して、Site Recovery Manager 仮想アプライアンスの設定を再構成します。

Site Recovery Manager Server をデプロイすると、拡張する vCenter Server インスタンス、DSN と認証情報、証明書などのユーザーが指定する一連の値にインスタンスがバインドされます。一部の値は、Site Recovery Manager 仮想アプライアンス管理インターフェイスから変更できます。

手順

  1. 管理者として Site Recovery Manager Appliance 管理インターフェイスにログインします。
  2. [サマリ] をクリックし、[再構成] をクリックします。
  3. [Platform Services Controller] 画面で、Site Recovery Manager Appliance をデプロイしたサイトに関する情報を入力します。
    メニュー項目 説明
    PSC のホスト名

    Site Recovery Manager の登録に使用した vCenter ServerPlatform Services Controller のホスト名(小文字)または IP アドレスを入力します。

    PSC のポート

    デフォルト値である 443 を受け入れるか、Platform Services Controller が別のポートを使用している場合は新しい値を入力します。

    Platform Services Controller は HTTPS 経由の接続のみをサポートします。

    ユーザー名

    この Platform Services Controller インスタンスが属する vCenter Single Sign-On ドメインの vCenter Single Sign-On ユーザー名を入力します。このユーザー アカウントは、Platform Services Controller インスタンスの vCenter Single Sign-On 管理者グループのメンバーであることが必要です。

    パスワード

    指定された vCenter Single Sign-On ユーザー名に対するパスワード。

  4. プロンプトが表示されたら、[接続] をクリックして、Platform Services Controller 証明書を確認します。
  5. [vCenter Server] 画面で、[次へ] をクリックします。
    Site Recovery Manager Appliance の初期構成を行った後は、別の vCenter Server インスタンスを選択することはできません。
  6. [名前と拡張機能] ページで、サイト名、管理者の E メール アドレス、ローカル ホストの IP アドレスまたは名前を入力して、Site Recovery ManagervCenter Server に登録します。
    メニュー項目 説明
    サイト名 Site Recovery Manager インターフェイスに表示されるこの Site Recovery Manager サイトの名前。デフォルトでは、vCenter Server のアドレスが使用されます。ペア内の Site Recovery Manager インスタンスごとに異なる名前を使用します。
    管理者の E メール Site Recovery Manager 管理者のメール アドレス。標準の vCenter Server アラームを使用して、Site Recovery Manager イベントの電子メール通知を構成した場合でも、この情報は必須です。
    ローカル ホスト ローカル ホストの名前または IP アドレス。IP アドレスが使用するものでない場合にのみ、値を変更します。たとえば、ローカル ホストに複数のネットワーク インターフェイスがあって、Site Recovery Manager Appliance によって検出されたものが、使用するインターフェイスでない場合などです。
    注: 使用するインフラストラクチャで IP アドレスの変更を簡単にするには、可能な限り IP アドレスではなく、完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。
  7. [設定内容の確認] 画面で設定内容を確認し、[終了] をクリックします。
  8. その他のサイトで Site Recovery Manager Appliance を構成するには、この手順を繰り返します。

次のタスク

変更操作が終了して Site Recovery Manager Server が再起動したら、vSphere Web Client または vSphere Client にログインしてサイト間の接続を確認します。接続が切断されている場合、または Platform Services Controller のアドレスを変更した場合は、サイトのペアリングを再構成します。サイト ペアリングを再構成する方法については、サイト間の接続の再構成を参照してください。