保護サイトおよびリカバリ サイトの場所は異なることが多いため、保護サイトの一部のコンポーネントはリカバリ サイトの対応するコンポーネントとは異なるタイプに属する可能性があります。

VMware Site Recovery は、ペアリングされたオンプレミス サイトの Site Recovery Manager および vSphere Replication の N-1 バージョンと互換性があります。たとえば、VMware Site RecoverySite Recovery Manager および vSphere Replication の現在のバージョンが 8.2 の場合、ペアのオンプレミス サイトでサポートされているバージョンは 8.1 以降です。

VMware Site Recovery は、ペアリングされたオンプレミス サイトの VMware vSphere および ESXi の N-2 バージョンと互換性があります。たとえば、 VMware Site RecoveryVMware vSphere の現在のバージョンが 6.7 の場合、ペアのオンプレミス サイトでサポートされているバージョンは VMware vSphere 6.0 Update 3 および ESXi 6.0 Update 3 以降です。
注: ESXi 6.5 または ESXi 6.0 Update 3 を使用する場合は、 ESXi ホストとリカバリサイトの vCenter Single Sign-On 間の時刻を確実に同期する必要があります。

各サイトでコンポーネントが違う可能性がある場合でも、Site Recovery Manager がサポートしているこれらのコンポーネントのタイプとバージョンを使用する必要があります。

互換性の詳細については、VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照してください。

表 1. サイト間の Site Recovery Manager コンポーネントの異種性
コンポーネント 異種または同一種のインストール
Site Recovery Manager Server 両方のサイトでサポート対象バージョンにする必要があります。
vSphere Replication 両方のサイトでサポート対象バージョンにする必要があります。vSphere Replication のバージョンは、Site Recovery ManagervCenter Server のバージョンと互換性がある必要があります。
vCenter Server Appliance または標準的な vCenter Server インスタンス 異なっていても構いません。片方のサイトで vCenter Server Appliance を実行し、もう片方のサイトで標準的な vCenter Server インスタンスを実行できます。
Site Recovery Manager データベース 異なっていても構いません。各サイトで同じタイプのデータベースの異なるバージョン、または各サイトで異なるタイプのデータベースを使用できます。
Site Recovery Manager Server インストールのホスト オペレーティング システム 異なっていても構いません。各サイトで異なるバージョンのホスト オペレーティング システムを実行することも、ホスト オペレーティング システムを異なるロケールで実行することもできます。
vCenter Server インストールのホスト オペレーティング システム 異なっていても構いません。各サイトで異なるバージョンのホスト オペレーティング システムを実行することも、ホスト オペレーティング システムを異なるロケールで実行することもできます。