他のチーム メンバーが提出したサポート リクエストの表示を構成します。

Skyline Advisor内で チーム メンバーによって提出されたサポート リクエストの表示 を有効にすると、他のチーム メンバーが開いたサポート リクエストが Skyline Advisor 内に表示されます。これにより、他のチーム メンバーが Log Assist を使用して開いたサポート リクエストを使用して、VMware グローバル サポート サービス (GSS) にサポート バンドルを転送できます。

他のチーム メンバーによって提出されたサポート リクエストを表示する機能は、エンタイトルメント アカウントの関連付けの影響を受けます。表示できるのは、関連付けられているエンタイトルメント アカウントで発行されたサポート リクエストのみです。関連付けられているエンタイトルメント アカウントは、My VMware カスタマー ポータル内で管理されます。

たとえば、John と Jane の両方が Skyline Advisor にアクセスできるとします。John はエンタイトルメント アカウント 123 のメンバーですが、456 のメンバーではありません。Jane はエンタイトルメント アカウント 456 のメンバーですが、123 のメンバーではありません。John と Jane の両方がチーム メンバーによって提出されたサポート リクエストの表示を有効にすると、Skyline Advisor 内で John と Jane は互いのサポート リクエストを表示できなくなります。この理由は、John が Jane がサポート リクエストを開くエンタイトルメント アカウントに関連付けられていないか、またはその逆であるためです。

もう 1 つの例として、John と Jane の両方が Skyline Advisor にアクセスできます。John はエンタイトルメント アカウント 123 および 456 のメンバーです。Janes はエンタイトルメント アカウント 456 のメンバーですが、123 のメンバーではありません。2 人ともチーム メンバーが提出したサポート リクエストの表示 を有効にしていると仮定すると、Skyline Advisor 内で John は Jane が発行したサポート リクエストを表示できますが、Jane は John が発行したサポート リクエストを表示できません。John はエンタイトルメント アカウント 123 と 456 の両方に関連付けられていますが、Jane はエンタイトルメント アカウント 456 にのみ関連付けられているからです。したがって、John は両方のエンタイトルメント アカウントについて他のチーム メンバーが開いたサポート リクエストを表示できますが、Jane はエンタイトルメント アカウント 456 で他のチーム メンバーが開いたサポート リクエストのみを表示できます。

最後に、複数のエンタイトルメント アカウントがある場合は、すべてのエンタイトルメント アカウントが Cloud Services 組織にリンクされていることを確認します。Cloud Services 組織にリンクされたエンタイトルメント アカウントの管理方法については、エンタイトルメント アカウントのリンク サポートを参照してください。

前提条件

他のチーム メンバーが提出したサポート リクエストの表示を構成する機能は、Skyline 管理者サービス ロールが割り当てられているユーザーのみが使用できます。

Skyline Advisor サービス ロールへのアクセスを変更するには、VMware Cloud Services 内で ID およびアクセスの管理 を使用します。

また、他のチーム メンバーが提出したサポート リクエストを表示するには、次の手順を実行する必要があります。

  • サポート リクエストが発行されたエンタイトルメント アカウントは、Skyline Advisor 内の Cloud Services 組織にリンクされている必要があります。Cloud Services 組織にエンタイトルメント アカウントをリンクおよびリンク解除する方法については、エンタイトルメント アカウントのリンク サポートを参照してください。

  • サポート リクエストが発行されたエンタイトルメント アカウントに関連付けられている必要があります。関連付けられていないエンタイトルメント アカウントで開いたチーム メンバーによって提出されたサポート リクエストは表示できません。My VMware カスタマー ポータルを使用して、関連付けられているエンタイトルメント アカウントを確認できます。

My VMware カスタマー ポータル内で追加のユーザーをエンタイトルメント アカウントに関連付ける方法の詳細については、VMware ナレッジベースの記事 KB2070555 および KB81580 を参照してください。

手順

  1. Skyline Advisor で、[設定 (Settings)] をクリックします。
  2. [詳細 (Advanced)] をクリックします。
  3. チーム メンバーが提出したサポート リクエストの表示 には、[有効 (Enabled)][無効 (Disabled)] の 2 つのアクションを実行できます。各アクションの説明は次のとおりです。
    オプション 説明

    [有効 (Enabled)]

    [有効にする (enable)] には、スイッチを右に切り替えます。スイッチは緑色になります

    [無効 (Disabled)]

    [無効にする (disable)] には、スイッチを左に切り替えます。スイッチが灰色になります。

結果

Skyline Advisor 内のチーム メンバーによって提出されたサポート リクエストの表示と非表示を切り替えることができます。