コネクタベースの RSA SecurID (クラウド デプロイ) 認証方法を使用するように、Workspace ONE Access Connector でユーザー認証サービスを構成しします。

RSA SecurID 認証方法が使用されている場合、Workspace ONE Access は RSA SecurID セキュリティ コンソールの認証エージェントとして構成されます。RSA SecurID 認証では、ユーザーがトークン ベースの認証システムを使用する必要があります。RSA SecurID は、企業ネットワークの外部から Workspace ONE Access にアクセスするユーザーに対して推奨される認証方法です。

SecurID を構成してセキュリティを強化する場合は、お使いの Workspace ONE Access 展開環境向けにネットワークが適切に構成されていることを確認する必要があります。SecurID については特に、正しいポートが開いていて、SecurID がネットワーク外部のユーザーを認証できることを確認する必要があります。

ディレクトリ同期サービスをインストールし、Active Directory の接続を構成したら、RSA Authentication Manager サーバ(RSA SecurID サーバ)を準備するために必要な情報を取得できます。RSA Authentication Manager サーバの準備ができたら、Workspace ONE Access コンソールの [コネクタ認証方法] ページで SecurID 認証方法を設定します。