エンタープライズ ディレクトリを VMware Workspace ONE® Access™(旧称 VMware Identity Manager™)と統合して、ユーザーとグループを Workspace ONE Access サービスに同期できます。Workspace ONE Access は、Active Directory や、OpenLDAP などの LDAP ディレクトリとの統合をサポートしています。

ディレクトリを統合すると、限られた(管理者によって指定された)数のユーザー属性とグループ属性が Workspace ONE Access サービスに同期されます。ユーザー パスワードと、管理者によって指定されたもの以外の属性は、同期されません。

ディレクトリの統合には、ディレクトリ同期サービスが必要です。このドキュメントを使用する前に、ディレクトリ同期サービスをインストールします。このサービスは、バージョン 20.01 から始まる Workspace ONE Access Connector のコンポーネントとして使用できます。詳細については、最新バージョンの『VMware Workspace ONE Access Connector のインストール』を参照してください。

関連情報

Workspace ONE Access は、ローカル ディレクトリや Just-in-Time ディレクトリなど、他のタイプのディレクトリもサポートします。これらのタイプのディレクトリの作成の詳細については、『Workspace ONE Access の管理』ガイドを参照してください。

新しい管理コンソール内のナビゲーション

2022 年 4 月の SaaS リリースでは、Workspace ONE Access 管理コンソールの設計が見直され、主要な設定へのナビゲーションが向上しました。新しいコンソールの使用を開始するには、管理コンソール ヘッダーで [新しいナビゲーション] トグルを使用して、新しいユーザー インターフェイスにすばやく切り替えます。


""

トグルを使用して、いつでも元のユーザー インターフェイスに戻すことができます。

表 1. 新しいコンソールと古いコンソールのディレクトリ設定
ページ 新しいコンソールの場所 古いコンソールの場所
ディレクトリ [統合] > [ディレクトリ] [ID とアクセス管理] > [管理] > [ディレクトリ]
コネクタ [統合] > [コネクタ] [ID とアクセス管理] > [セットアップ] > [コネクタ]
ユーザー属性 [設定] > [ユーザー属性] [ID とアクセス管理] > [セットアップ] > [ユーザー属性]
ユーザー [アカウント] > [ユーザー] [ユーザーとグループ] > [ユーザー]
ユーザー グループ [アカウント] > [ユーザー グループ] [ユーザーとグループ] > [グループ]
ID プロバイダ、認証方法、コネクタ認証方法 統合 [ID とアクセス管理] > [セットアップ]

このドキュメントでは、[新しいナビゲーション] トグルをオンにして機能を構成する方法について説明します。以前のナビゲーションを使用して機能を構成する方法については、Workspace ONE Access ドキュメント センターの [Workspace ONE Access Cloud] > [レガシー管理コンソールベースのドキュメント] フォルダに移動してください。レガシー ドキュメントは 2022 年 4 月以降の新機能で更新されないことに注意してください。