OEMConfig は、Android 相手先ブランド名製造 (OEM) 向けの標準ソリューションです。Android Enterprise でネイティブに提供されている機能に加えて、さらに追加的な管理機能を管理者に提供します。OEMConfig は、OEM が構築、保守し、Google Play でホストされるアプリケーションです。このアプリケーションは、データ駆動型ユーザー インターフェイスで OEM が提供する設定を管理者が動的に構成できるようにすることで、AppConfig 標準を活用します。設定はデータ駆動型であり、アプリケーションベースであるため、OEM が提供する最新の設定にアクセスする場合でも、コンソールのアップグレードが必要になりません。

Android Enterprise デバイスの OEM 固有設定を追加、作成、カスタマイズするには、OEMConfig アプリケーションを使用します。アプリケーションは、UEM を介してデバイスに公開され、Android Enterprise Managed Google Play を使用してサイレントにインストールされます。カスタマイズした設定は、インストール中またはインストール後にアプリケーションに提供され、アプリケーションはデバイス上で対応する独自の API を呼び出します。OEM によって設定が異なる場合があり、さらにこれらの設定は、管理モード(Work 管理対象、Work プロファイル、または COPE)によって異なる場合もあります。使用可能な設定は、OEM が OEMConfig アプリケーションに組み込んだ機能によって異なります。OEMConfig のサポートの詳細については、OEM ベンダーにお問い合わせください。

UEM console で OEM 設定を構成する

OEMConfig は通常、UEM console に組み込まれていない設定を構成するために使用します。相手先ブランド名メーカー (OEM) によって、設定が異なります。使用可能な設定は、OEM が OEMConfig アプリケーションに組み込んだ機能によって異なります。

次の手順に従って、UEM console console で OEMconfig アプリケーションの OEM 設定を構成します。

デバイスで OEMConfig の構成を開始する前に、次の事項に注意してください。

  • OEM 設定は、テキスト ボックスを使用するデータ駆動型のユーザー インターフェイスであり、ユーザー固有またはデバイス固有の構成のために参照値をサポートします。
  • OEM 設定のいずれかが空白になっている場合、または選択されていない場合、UEM console はキーと値のペアをデバイスに送信せず、その設定は構成から除外されます。
  • [クリア] ボタンをクリックすると、現在の構成のすべての値(デフォルト値を含む)がクリアされます。
  • [クリア] ボタンを使用して、構成のサブセットを設定します。
  • 構成設定をクリアするには、各構成ページで [クリア] ボタンを使用します。
  • OEMConfig アプリケーションは OEM によって構築され、Google Play にアップロードされます。Google Play で見つからない場合は、OEM に詳細をお問い合わせください。
  • UEM console 1907 以降を使用しています。
  1. 管理対象の Google Play ストアから OEMConfig アプリケーションを取得します。
    1. [リソース] > [アプリ] > [パブリック] > [アプリケーションを追加] の順に選択します。
    2. [プラットフォーム] ドロップダウン メニューから [Android] を選択します。
  2. ポップアップで、以下のテキスト ボックスに提供された情報を入力します。
    設定 説明
    管理元 アプリケーションを管理するためにセットアップした組織グループを選択します。そのグループに属する IT 管理者のみが、OEMconfig アプリケーション構成を編集できます。
    プラットフォーム Android
    ソース アプリストアを検索
    名前 OEMConfig アプリケーション。たとえば、Knox Service プラグインの OEM 設定を構成する場合は、Knox Service プラグインと入力します。
  3. [承認] をクリックすると、OEMConfig アプリケーションが承認済みアプリケーションとして追加されます。
  4. [アプリ構成] を編集して、ポリシーを有効または無効にします。[割り当て] タブで、[割り当ての追加] を選択します。
    1. 詳細表示ページで [割り当て] をクリックします。
    2. OEM 構成アプリケーションを選択し、[編集] をクリックします。
    3. アプリケーション構成を [編集] して、OEMconfig アプリケーションの OEM 設定を構成します。
  5. アプリケーションの構成画面で、OEM 設定を構成し、展開のポリシーを変更します。
  6. [割り当てを更新] ポップアップ ウィンドウで、[保存して公開] をクリックします。
  7. [割り当てデバイス プレビュー] ポップアップ ウィンドウで、[公開] をクリックします。

OEM 構成アプリケーションからのフィードバックの取得

Google は、さまざまな理由でアプリケーションが UEM console console に構成フィードバックを送信できるようにするチャンネルを提供しています。ただし、管理された構成に関するフィードバックを送信する最も一般的なユース ケースは、エラーをすばやく検出するためです。フィードバックは、IT 管理者にエラーを通知でき、問題を修正するアクションを実行する助けとなることができます。UEM console を使用すると、すべてのデバイスおよびサポートされているアプリケーションにわたって報告されたフィードバックを表示できます。

次の手順を実行して、すべてのデバイスおよびサポートされているアプリケーションで報告されたフィードバックを表示し、特定のデバイスに関するアップデート フィードバックを強制して最新のアップデートを取得します。

開始する前に次を実行します。
  • Workspace ONE Intelligence は、フィードバック データの取得とストレージを処理します。UEM console のアプリケーション フィードバックを表示するには、Workspace ONE Intelligence にオプトインする必要があります。Workspace ONE Intelligence にアクセスするには、[ハブ] > [インテリジェンス] に移動し、[オプトイン] を選択し、Workspace ONE Intelligence Connector サービスをインストールした後に [起動] を選択します。Workspace ONE Intelligence は、API 呼び出しを通じて Google から直接、フィードバックを要求します。
  • Workspace ONE Intelligence フィードバック サービスは、カスタマー レベルの組織グループの場合にのみオンにすることができます。

    次の手順を実行して、UEM console で OEM 設定を構成します。

    1. すべてのデバイスおよびサポートされているアプリケーションにわたって報告されたフィードバックを表示するには、次の 2 つの方法があります。
      1. [リソース] > [アプリ] > [ネイティブ] > [パブリック] の順に進み、OEM 構成アプリケーションをクリックします。詳細表示で、[デバイス] を選択し、[割り当て済みの構成] の下で [フィードバックを閲覧] を選択します。
      2. [デバイス] > [詳細表示] > [アプリ] の順に選択し、[フィードバックを閲覧] を選択できます。
      アプリケーションについて報告されたフィードバックを表示して、エラーをすばやく検出できます。
    2. [フィードバック] 画面では、次の操作を実行できます。
      1. Workspace ONE Intelligence から最新のデータを更新するには、[再ロード ] をクリックします。
      2. [構成を編集] をクリックして、デバイス構成画面にすぐに移動して構成エラーを修正します。