Workspace ONE UEM powered by AirWatch を使用して、Android パブリック アプリケーション、内部アプリケーション、および Web アプリを Android デバイスにプッシュします。内部アプリは、お客様の組織が開発した企業固有のアプリケーションで、ユーザーが自分のデバイスからアクセスできますが、パブリック アプリ ストアで検索することはできません。こうしたアプリは Google Play にプライベート アプリケーションとして追加できます。このようなプライベート アプリはパブリック アプリとして管理され、割り当てられたユーザーがアクセスできますが、パブリック アプリ ストアで検索することはできません。管理対象の Google Play ストアは、Android デバイスのすべてのアプリケーション展開ユースケースを管理するための推奨される方法です。管理対象の Google Play は、パブリック アプリケーションが追加されたときに必ず、および Android Enterprise EMM 登録が構成されたときに、Workspace ONE UEM Console 内の iframe にロードされます。この iframe は、Google Play との API 統合を通じて開かれるため、VMware によってホストされているわけではありません。Workspace ONE UEM と Android の統合を通じてプッシュするアプリケーションは、Google Play ストアからの対応するアプリケーションと同じ機能を持ちます。また、アプリケーションの .apk ファイルをローカル ファイルとしてホストすることもできます。このオプションは、Android 6.0 以降のデバイスにのみ適用されます。

Workspace ONE UEM の機能を使用して、ポリシーをアプリケーションに適用できます。たとえば、アプリの利便性を高める構成情報を追加することや、アプリの安全性を高める設定を構成することができます。

  • 利便性を高めるには、「アプリケーション構成を送信」 オプションを構成します。アプリの構成情報を使用した場合、サポートされているキー/値ペアを事前構成し、アプリと一緒にデバイスにプッシュすることができます。サポートされている値の例としては、ユーザー名、パスワード、VPN 設定などがあります。サポートされる値は、アプリごとに異なります。
  • セキュリティ保護機能を追加するには、Android 用の Workspace ONE UEM プロファイルを使用します。プロファイルを使用した場合、パスコードを設定すること、制約事項を適用すること、および、認証用証明書を使用することができます。

Workspace ONE UEM コンソールを使用すると、アプリのアルファ、ベータ、または本番バージョンをプッシュできます。アプリのアルファおよびベータ バージョンを使用すると、本番環境バージョンをプッシュする前に互換性と安定性をテストできます。テスト用の特定のスマート グループを選択し、柔軟な展開を使用してどのアプリのバージョンをどのユーザーが受け取るかを決定できます。アルファまたはベータ バージョンをプッシュするかどうかを選択しない場合、本番バージョンが自動的に割り当てられます。

重要: VMware 生産性アプリ(ブラウザ、Boxer、Content Locker など)は、Knox コンテナのデータ分離における技術的な制約のために、Android(レガシー)Knox コンテナの展開(デュアル ペルソナやコンテナ専用モード)ではサポートされません Workspace ONE Intelligent Hub は外部からコンテナを管理し、内部のアプリと通信することはできません。 Workspace ONE UEM Console と通信するためにアプリは Workspace ONE Intelligent Hub への直接リンクを必要とするので、アプリをコンテナ内で構成することはできません。Knox で生産性アプリを使用するには、デバイスは Knox 3.x 以上が実行するデバイス上で Android Enterprise を使用して登録する必要があります。

Android デバイス用の Web リンク

Web リンク アプリの機能は、デバイス上のアプリと似ています。Web リンク アプリを使用することで、エンド ユーザーは、デバイスのメニューから URL に直接アクセスできます。エンド ユーザーは Web リンク アプリのアイコンとタイトルを閲覧し、アプリを選択して指定 URL に直接移動します。

Web リンク アプリは、URL が多くの文字を含むような場合に特に役に立ちます。Web リンク アプリのアイコンには、スプリングボード上からアクセスできます。エンド ユーザーはこれらのアイコンを使用して、ブラウザを開いたり長い URL を入力することなく、社内コンテンツ リポジトリ、またはログイン画面に接続することができます。

Workspace ONE UEM console の [リソース] セクションで、Web リンクをアプリケーションとして追加できます。Android 用 Web リンクの追加の詳細については、Web リンク アプリを追加するを参照してください。