Workspace ONE UEM console で社内アプリケーションとローカル ファイルをアップロードすることで、モバイル ネットワークに社内アプリケーションを展開できます。

  1. [リソース] > [アプリ] > [ネイティブ] > [社内] の順に選択し、[アプリケーションを追加] を選択します。
  2. [アップロード] > [ローカル ファイル] の順に選択して、システム上のアプリケーション ファイルを参照します。アップロードする .dmg、.pkg、または .mpkg ファイルを選択します。
  3. 必要なアプリケーション メタデータ ファイル (.plist) をアップロードします。

    メタデータ ファイルを作成するには、VMware Workspace ONE UEM Admin Assistant ツールを macOS コンピュータにダウンロードしてインストールします。

  4. [画像] タブに入力します。
    設定 説明
    モバイル画像 モバイル デバイスの AirWatch Catalog に表示するアプリケーション画像をアップロードまたはドラッグします。
    タブレットの画像 タブレットの AirWatch Catalog に表示するアプリケーション画像をアップロードまたはドラッグします。
    アイコン アプリケーションのアイコンとして AirWatch Catalog に表示するアプリケーション画像をアップロードまたはドラッグします。
  5. アプリケーションのインストール、アンインストール、および検証を実行するための [スクリプト] 設定を構成します。インストール前スクリプトとインストール後スクリプトを指定することで、アプリケーションやソフトウェアを再パックしなくても、追加の構成タスクを実行したり、追加のアイテムをインストールしたりすることができます。スクリプトを貼り付けると Workspace ONE UEM によって形式が変更され、Munki で使用できるようになります。
    設定 説明
    インストール前スクリプト インストール前に実行するインストール前スクリプトを定義します。
    インストール後スクリプト 正常にインストールした後に実行するインストール後スクリプトを定義します。
    アンインストール前スクリプト アンインストール前に実行するアンインストール前スクリプトを定義します。
    アンインストール方法

    アンインストール方法をドロップダウンから選択し、その動作をカスタマイズします。以下のようなオプションがあります。

    • [パッケージを削除]
    • [コピー済みアイテムを削除]
    • [アプリを削除]
    • [アンインストール用スクリプト]
    アンインストール後スクリプト 正常にアンインストールした後に実行するアンインストール後スクリプトを定義します。
    注:
    インストール前スクリプトが失敗した場合はインストールがキャンセルされます。インストール後スクリプトが失敗した場合はエラーがログに記録されますが、インストールは完了と見なされます。
    一部のソフトウェアでは、正常なインストールまたはアンインストールの要件を正確に定義する必要があります。Munki では、インストールまたはアンインストール検査用スクリプトを設定することで、ソフトウェアを構成できます。
    インストール検査用スクリプト このスクリプトが存在する場合は実行されて、アプリケーションをインストールする必要があるかどうかが判断されます。リターン コード 0 はインストールが必要であることを意味し、その他のリターン コードではインストールがスキップされます。
    アンインストール検査用スクリプト このスクリプトが存在する場合は実行されて、アプリケーションをアンインストールする必要があるかどうかが判断されます。リターン コード 0 はアンインストールが必要であることを意味し、その他のリターン コードではアンインストールがスキップされます。
  6. [展開] タブを構成します。
    設定 説明
    ブロッキング

    [ブロッキング アプリケーション] を有効にして、管理対象の macOS アプリケーションのクリーン インストールをブロックする可能性があるアプリケーションまたはプロセスを定義します。

    保存する前に予期せず終了しないように、インストール前に閉じる必要がある定義済みのアプリケーション。またエンド ユーザーは、定義済みのアプリケーションを終了するように、デバイス上で VMware Workspace ONE Intelligent Hub から通知されます。

    ブロッキング動作を上書きしてインストールを続行するには、[ブロッキング アプリケーション] を無効にします。インストールをブロックするアプリが開いている場合は、自動的に閉じられます。

    閉じる必要があるブロッキング アプリケーションをリストします。アプリは /Applications/ フォルダにある場合、アプリ名で定義でき、パスは自動的に検出されます。たとえば、「Firefox」または「Firefox.app」のようにします。

    オプションで、フル パスを使用してプロセスを正確に指定できますが、エンド ユーザーがそのアプリを簡単に終了できない場合は推奨されません。したがって、ユーザー インターフェイスを持たないバックグラウンド アプリやヘルパー アプリはブロックしないでください。

    再起動アクション

    アプリケーションの再起動アクションを選択します。使用可能なアクションは次のとおりです。

    • [なし]
    • [シャットダウンが必要]
    • [再起動が必要]
    • [推奨再起動]
    • [ログアウトが必要]
    コンディション アプリケーションをデバイスにインストールするコンディションを定義します。
    必要な状態管理

    現在 macOS ソフトウェアをインストールする際に、管理者にはビジネス ニーズに基づいて必要な状態管理の設定を有効または無効にすることができます。必要な状態管理は、macOS ソフトウェアのインストール中にアプリケーション管理を強制するために既定で有効になっています。

    有効の場合、エンド ユーザーがアプリを削除すると、次回の Hub 同期時にそのアプリケーションが自動的に再インストールされます。

    無効の場合、エンド ユーザーがアプリを削除すると、Workspace ONE UEM console またはカタログからプッシュされた場合を除き、アプリケーションは自動的に再インストールされません。

  7. [利用規約] タブを構成します。
  8. 利用規約には、アプリケーションの使用上の注意事項が明記されています。アプリケーションがデバイスにプッシュされると、ユーザーに利用規約が表示されます。アプリケーションを使用するためには規約に同意する必要があります。同意しない場合、ユーザーは該当アプリにはアクセスできません。
  9. [保存して割り当て] を選択します。

macOS ソフトウェア配布スクリプトを使用して追加の構成を行う

Console の [アプリケーションを追加] または [アプリケーションを編集] 画面にある [スクリプト] セクションで、macOS のソフトウェア配布スクリプトを使用して、追加の構成やタスクの検証を実行します。

スクリプトを挿入することで、次の操作を実行できます。

  • インストール前スクリプトを使用することでインストーラの再パックを回避する。
  • 追加の構成をスクリプトで処理することでインストール後のユーザー プロンプトを回避する。
  • 検証を実行する。
  • アンインストールをカスタマイズする。

次の表に、各スクリプト タイプの終了コードの動作を示します。

スクリプト タイプ 終了コード 0 の動作 その他の終了コードの動作
インストール前 インストールを続行する インストールをスキップする
インストール後 正常にインストール済み 警告ありで正常にインストール済み
アンインストール前 アンインストールを続行する アンインストールをスキップする
アンインストール後 正常にアンインストール済み 警告ありで正常にアンインストール済み
インストール検査用スクリプト インストールが必要 インストールをスキップする
アンインストール検査用スクリプト アンインストールが必要 アンインストールをスキップする

macOS ソフトウェア配布コンディション

macOS ソフトウェア配布コンディションは、インストールの適用性を判断するために統合オープンソース Munki ライブラリによって提供される、属性のセットです。コンディションはアプリケーションごとのレベルで定義され、ソフトウェアがダウンロードおよびインストールされる前に評価されます。

Munki では、いくつかの組み込みのコンディションがサポートされています。

コンディションは次の形式で記述されます。

machine_type == "laptop" AND os_vers BEGINSWITH "10.7"

条件付き比較属性

属性 タイプ 説明 比較の例
hostname String Hostname hostname=="Lobby imac"
arch String プロセッサ アーキテクチャ。例:'powerpc'、'i386'、'x86_64' arch=="x86_64"
os_vers String OS のフル バージョン。例:"10.7.2" os_vers BEGINSWITH "10.7"
os_vers_major 整数 メジャー OS バージョン。例:'10' os_vers_major == 10
os_vers_minor 整数 マイナー OS バージョン。例:'7' os_vers_minor == 7
os_vers_patch 整数 ポイント リリース バージョン。例:'2' os_vers_patch >=2
machine_model String 'MacMini1,1'、'iMac4,1'、'MacBookPro8,2' machine_model == "iMac4,1"
machine_type String 'laptop' または 'desktop' machine_type == "laptop"
ipv4_address 文字列の配列 すべてのインターフェイスの現在の IPv4 アドレスが含まれています。 ANY ipv4_address CONTAINS '192.168.161.'
munki_version String インストールされている Munki ツールのフル バージョン munki_version LIKE '*0.8.3*'
serial_number String マシンのシリアル番号 serial_number =="W9999999U2P"
date UTC 日付文字列 日時。文字列を NSDate オブジェクトにキャストするには特殊な構文が必要です。 date>CAST("2013-01-02T00:00:00Z", "NSDATE")