Workspace ONE UEM では、定評のあるオープンソース ツールである Munki との統合により、柔軟な展開が可能になりました。すべての macOS アプリケーション ファイル タイプ(.dmg、.pkg、.mpkg)を UEM console の [社内アプリケーション] セクション([リソース] > [アプリ] > [ネイティブ] > [社内])で管理できます。

「柔軟な展開」機能はアプリ エリアの [割り当て] セクションにあります。この機能は、割り当てプロセスにおいて便利です。

  • 展開割り当てを構成できる。
  • 複数の展開を同時に割り当てることができる。
  • 限られた帯域幅が原因で重要な展開が見逃されることがないよう、割り当ての順序を設定できる。
  • 複数のスマート グループに対する割り当てをカスタマイズできる。

ソフトウェア配布プロセスにおける macOS デバイスへのアプリケーションのソフトウェア配布構成、割り当て、および展開の詳細については、[ソフトウェア配布管理] ガイドを参照してください。