Workspace ONE UEM の Console モニターは、重要な情報に素早くアクセスするための中心的なポータルです。色分けされた棒グラフやドーナツ グラフを表示して、重要な問題を素早く特定し、単一の場所から迅速に対策を採ることができます。

 Monitor の概要のスクリーンショットには、ドーナツ グラフを含む、縦方向および横方向の多くのカラフルな棒グラフが表示されています。

この画面上の任意の棒グラフまたはドーナツ グラフを選択すると、[デバイス リスト表示] が表示されます。このリスト表示には、選択したメトリックに関連するすべてのデバイスが表示されます。この画面で各種のアクション (例: それらのデバイスにメッセージを送信する) を実行できます。

たとえば、「ウイルス対策ソフトの状態」 ドーナツ グラフを選択したとします。すぐに [デバイス リスト表示] 画面が表示されます。この画面には、ウイルス対策ソフトウェアがインストールされていないためポリシー違反状態になっているデバイスが、一覧表示されます。リスト内のデバイスをすべて選択するには、各デバイスの行の左端にあるチェック ボックスをオンにします。[デバイスを追加] ボタンの下にある 「すべて選択」 チェック ボックスをオンにして選択することもできます。リストの上にアクション ボタン クラスタがあります。選択したデバイスのユーザーにメッセージを送信するには、[送信] を選択します。Eメール、プッシュ通知、および SMS テキスト メッセージを選択できます。

[モニタ] > [概要] ページには、サマリ グラフと詳細表示が提供されます。

  • [デバイス] – 以下のようなデバイスの正確な数を表示します。
    • 登録済み、加入済み、企業情報ワイプ保留中、デバイスワイプ保留中、加入解除といった状態別の内訳
    • Workspace ONE UEM に加入しているデバイスのプラットフォームごとの内訳
    • 過去 1 日、1 週間、1 か月間の加入履歴
  • [順守] – どのデバイスが順守ポリシーに違反しているのかを確認します。
    • デバイスが現在違反している、アプリ/セキュリティ設定/地理位置情報/その他の順守ポリシー
    • 設定されたすべてのタイプの順守ポリシーのうち、順守違反が多い順守ポリシー
    • ブラックリスト設定アプリと、デバイスにインストールされているすべてのブラックリストアプリ (違反件数が多い順にリストアップ)
    • ユーザーのためにインストールしたいアプリがまだインストールされていないデバイス
  • [プロファイル] – 期限切れのプロファイルを表示します。
    • 最新のプロファイルバージョンと、各プロファイルの旧バージョンがインストールされているデバイス一覧
  • [アプリ] – どのアプリケーションがデバイスに関連付けられているのかを表示します。
    • 最新のアプリケーションバージョンと、各アプリケーションの旧バージョンがインストールされているデバイス一覧
    • インストール頻度が高いアプリを、現在インストールされているデバイス数の順に表示
  • [コンテンツ] – 期限切れのコンテンツを持っているデバイスを表示します。
    • 最新のコンテンツ バージョンと、期限切れのファイルを数が多い順に表示
  • [Eメール] – 現在 Eメールを受信できないデバイスを表示します。
    • 既定設定により Eメールを受信できないデバイス、ブラックリスト設定されているデバイス、加入解除したデバイス等を表示
  • [証明書] – 有効期限切れが間近に迫っている証明書を表示します。
    • 1 か月以内に失効する証明書、1 ~ 3 か月以内に失効する証明書、3 ~ 6 か月以内に失効する証明書、6 ~ 12 か月以内に失効する証明書、有効期限が12 か月以上ある証明書。すでに有効期限の切れた証明書も閲覧することができます。

表示されるデバイス情報は、サブ組織グループのデバイスも含まれるため、選択する組織グループに応じて変化します。組織グループ ドロップダウン メニューを使用し、下位の組織グループに表示を切り替えると、デバイス リストは自動的に該当組織グループのものに更新されます。

[リスト表示] アイコン( これは、表示をグラフからテキストに変更するハンバーガー メニューとも呼ばれるリスト表示アイコンです)および [グラフ表示] アイコン( これは、表示をリスト表示からカラフルなグラフ表示に変更するグラフ表示アイコンです)。任意のメトリックを選択し、そのデバイス セットに対する 「デバイス リスト表示」 画面を開きます。この画面で各種のアクション (例: それらのデバイスにメッセージを送信する) を実行できます。

[表示項目] アイコン( これは使用可能なセクション表示であり、使用可能なセクションをカスタマイズできます。)。表示可能セクション(デバイス、順守、プロファイルなど)を示すチェック ボックスをオンまたはオフにし、[[保存]] を選択して、Monitor の概要をカスタマイズします。

Intelligence

Intelligence カスタム レポートおよび分析では、デバイス全体についてより詳しい情報を得ることができます。これには、パフォーマンスの問題に関する可視性の強化、非常に効果的な計画ツール、展開時間の短縮が含まれます。

カスタマー タイプの組織グループ内に属していることを確認し、[モニタ] > [Intelligence] の順に進み、[次へ] ボタンを選択して Intelligence の機能を確認し、サービスの利用を選択します。

任意の時点でインテリジェンス カスタム レポートをオプトアウトすることができます。

詳細については、docs.vmware.com で「[Workspace ONE Intelligence User Guide]」を参照してください。

管理者パネル ダッシュボード

[管理者パネル] には、モジュール ライセンス情報および展開された Workspace ONE ™ UEM コンポーネントの概要が表示されます。[管理者パネル] はライセンスの概要を [アクティブ プロダクト][展開済みのコンポーネント] という 2 つのセクションにまとめて表示します。

[管理者パネル] には、[モニタ] > [管理者パネル] の順に進んでアクセスします。[管理者パネル] は、カスタマー組織グループでのみ使用できます。

管理者パネルのアクティブプロダクト

[アクティブ プロダクト] セクションでは、貴社の展開に含まれる各機能 (例: Browser、Container、Mobile Device Management、App Catalog) のライセンスの有効性を確認できます。各機能のライセンス合計数、ライセンス モデル、およびライセンス タイプを確認できます。

管理者パネルの展開済みのコンポーネント

[展開済みコンポーネント] セクションにはカスタマー組織グループで有効なすべてのコンポーネントに対応するセクションがあり、接続状態をレポートします。

  • VMware [Enterprise Systems Connector]
  • [セキュアEメールゲートウェイ]
  • VMware Tunnel

更新ボタン () を選択すると、有効な各コンポーネントの接続状態が更新されます。また、設定ボタン () を選択すると、有効化されているコンポーネントに対応するシステム設定画面が表示されます。

アプリ モニタおよびプロファイル モニタでのアプリケーション展開状態の表示

アプリ モニタおよびプロファイル モニタを使用して、エンド ユーザー デバイスへのアプリケーションまたはプロファイルの展開を追跡します。このモニタには、貴社の展開の状態に関する概要情報が示されます。

  1. [モニタ] > [アプリ モニタおよびプロファイル モニタ] の順に進みます。
  2. 検索フィールドにアプリまたはプロファイルの名前を入力します。キーボードの [Enter] キーを押して検索を開始します。
  3. ドロップダウン メニューからアプリまたはプロファイルを選択し、[追加] を選択します。

アプリまたはプロファイルのデータがカード上に表示されます。一度に追加できるカードは 5 つまでです。

アプリ モニタおよびプロファイル モニタは、展開中のデバイスの現在の展開状態を表示します。状態では、アプリとプロファイルのさまざまなインストール状態を組み合わせて 「完了」、「保留中」、または 「未完了」 を示します。

表 1. アプリ モニタおよびプロファイル モニタの展開状態に関する説明
状態 説明
[完了] アプリまたはプロファイルが正常にインストールされると、デバイスが 「完了」 状態をレポートします。
[保留中]

アプリまたはプロファイルが次の状態をレポートすると、デバイスが 「保留中」 状態をレポートします。

[プロファイル]

  • インストール保留中
  • 削除保留中
  • 未確認の削除
  • 削除されたことを確認。

[アプリ]

  • 引き換えが必要です
  • 引き換え中
  • プロンプト中
  • インストール中
  • MDM 削除
  • MDM 削除済み
  • 不明
  • デバイスのインストール コマンド準備完了
  • デバイスへのインストール待機中
  • ログインをプロンプト中
  • 更新中
  • リリース保留中
  • 管理を促すプロンプトを表示
  • インストール コマンド発信済み
  • ダウンロード中
  • コマンドが受け付けられました
[未完了]

アプリまたはプロファイルが次の状態をレポートすると、デバイスが 「未完了」 状態をレポートします。

[プロファイル]

  • 処理中情報

[アプリ]

  • ユーザーが削除しました
  • インストールが拒否されました
  • インストールできませんでした
  • ライセンスが使用できません
  • 拒否されました
  • 管理拒否
  • ダウンロード失敗
  • 条件未設定
  • コマンド失敗

「未完了」 状態が表示された場合は、状態の横にある番号を選択して、状態をレポートしているすべてのデバイスの 「デバイス リスト表示」 を確認します。この機能を使用すると、問題のあるデバイスを調査できるため、展開のトラブルシューティングが可能です。

iOS 向けの業種別テンプレート

業種別テンプレートを使用してさまざまなモバイル アプリケーションとデバイス プロファイルにアクセスできます。これらをデバイスにプッシュすることで、展開プロセスを大幅に短縮することができます。

ヘルスケア、小売業など、該当するテンプレートを選択できます。テンプレートは必要に応じて編集することができます。詳細については、「Apple の業種別テンプレート」を参照してください。