Workspace ONE UEM と Dell Command | Configure を統合し、デバイスの BIOS 設定を構成します。この統合により、Windows デスクトップ デバイスの BIOS プロファイルのすべての機能が有効になります。

基本

Dell Command | Configure との統合により、Dell の社内デバイスのデバイス管理の機能が拡張されます。BIOS プロファイルの構成パッケージ機能を使用する場合は、この統合を環境に追加する必要があります。

サポートするデバイス

  • Dell OptiPlex™ デスクトップ デバイス
  • Dell Precision Workstation™ デスクトップおよびラップトップ デバイス
  • Dell Latitude™ ラップトップ デバイス

BIOS プロファイル

Dell の社内デバイスで特定の BIOS 設定を構成するには、BIOS プロファイルを使用します。この設定により、ハードウェアの仮想化および BIOS のセキュリティを制御できます。

Dell Command | Configure の Workspace ONE UEM への追加

Workspace ONE UEM console に Dell Command | Configure を追加して、Dell の社内デバイスの管理を強化できます。BIOS プロファイルの構成パッケージ機能を使用する場合は、この統合を環境に追加する必要があります。

前提条件

Dell Command | Configure をデバイスにプッシュするには、ソフトウェア配布を有効にする必要があります。

手順

  1. https://www.dell.com/support/article/us/en/04/sln311302/dell-command-configure?lang=en に移動し、最新バージョンの Dell Command | Configure をダウンロードします。
  2. EXE を開き、Extract を選択します。抽出したファイルをフォルダに保存します。
  3. 保存先のフォルダを開き、MSI ファイルを見つけます。
  4. UEM console で、抽出した MSI ファイルを内部アプリケーションとして追加します。「サポートされているプロセッサ アーキテクチャ」 に、デバイスの OS に応じて 32-ビットまたは 64-ビットが設定されていることを確認します。
  5. [展開オプション] タブで、[管理者特権] を **[はい]**に設定します。
  6. Dell の社内デバイスにアプリケーションの割り当てを追加します。

結果

割り当てられたデバイスにアプリケーションがダウンロードおよびインストールされ、BIOS プロファイルをデバイスにプッシュできるようになります。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon