Intelligent Hub ベースの登録プロセスでは、macOS デバイスと Workspace ONE UEM 環境間の接続が保護されます。Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションをインストールすると、登録が簡単になり、関連するデバイス情報のリアルタイム管理とアクセスが可能になります。

Intelligent Hub アプリケーションをユーザーに紹介する方法は 2 つあります。

登録が完了したらすぐに Intelligent Hub アプリケーションをデバイスに自動的にインストールするように設定を構成できます。

  1. Workspace ONE UEM Console で、[設定] > [デバイスとユーザー > Apple > Apple macOS > Intelligent Hub 設定] に移動します。
  2. ユーザーが Web または DEP を通じて登録するときに Intelligent Hub アプリケーションをデバイスに自動的に展開するには、[登録後に Hub をインストールする] を有効にします。
  3. 変更を保存します。

登録済みデバイスを持っていないユーザーも Intelligent Hub アプリケーションをインストールできます。アプリケーションは、企業リソースにアクセスする前に、デバイスを登録するようにユーザーに要求します。ユーザーは [https://getwsone.com] に移動して、Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションのインストーラをデバイスにダウンロードできます。

Workspace ONE UEM で macOS デバイスをインストール、構成、および管理するには、Workspace ONE UEM ドキュメントのトップベージにある『macOS デバイス管理』ガイドを参照してください。