Hub サービス コンソールでオンボーディング テンプレートをカスタマイズして、Workspace ONE Intelligent Hub のリソースを事前採用者に案内し、初日の作業開始の準備をできるようにします。[新規採用案内] ページを設定して、開始日の前に組織でアカウントを設定する手順を事前採用者に案内します。

Hub サービスを使用した Workspace ONE Access は、Web ブラウザの Workspace ONE Intelligent Hub を使用して、事前採用者のオンボーディング環境を提供します。Workspace ONE Access は、マジック リンクと呼ばれるワンタイム アクセス トークンを生成します。これは、E メールで事前採用者に送信できます。このリンクをクリックすると、Workspace ONE Intelligent Hub ポータルの [ようこそ] ページにアクセスできます。

事前採用者が受信した E メールのマジック リンクをクリックしたときに表示される [新規採用案内] ページを設計および構成します。案内ページには、事前採用者への挨拶と、アカウントを設定して Web ブラウザの Workspace ONE Intelligent Hub ポータルにログインするための指示が表示されます。

オンボーディング テンプレートを構成すると、[新規採用案内] ページ、ブランディング、および Hub アプリケーション カタログがデフォルトで有効になります。事前採用ユーザー専用のブランディングと Hub カタログのバージョンを作成した場合は、グローバル設定を使用する代わりに、オンボーディング テンプレートを編集してバージョンを選択します。通知と仮想アシスタントが Hub サービスで構成されている場合は、それらを有効にできます。

注: オンボーディング テンプレートで従業員のセルフサービス、Passport、および People を使用することはできません。

構成の詳細については、How to Prepare a Day Zero Onboarding Experience in Workspace ONE Intelligent Hubを参照してください。