Workspace ONE Intelligent Hub エクスペリエンスの Hub サービス機能設定の初期構成は、ほとんどのユーザーのニーズを満たすように構成されたグローバル設定です。さまざまな Hub 機能と設定を持つ Hub テンプレートを作成し、組織内のさまざまなグループに Workspace ONE Intelligent Hub での厳選されたエクスペリエンスを 提供します。

テンプレートを作成するとき、テンプレートは最初にグローバル設定で構成され、テンプレートのセットアップ作業を簡素化します。機能のグローバル設定がすべてのニーズを満たしていない場合は、異なる構成を使用して、アプリケーション カタログ、ブランディング、カスタム タブおよび従業員のセルフサービス設定のバージョンを作成できます。この機能をテンプレートに追加する場合は、グローバル設定を作成したバージョンに置き換える必要があります。

機能 バージョン作成可能 説明
アプリケーション カタログ はい プロモートするアプリケーションとセクションのさまざまなセットで構成された Hub カタログのバージョンを作成します。
ブランディング はい Workspace ONE Intelligent Hub のさまざまなバージョンのブランディングを作成して、さまざまなユーザー セットのロゴとブランディングをカスタマイズします。
[カスタム] タブ はい ナビゲーション バーでは、それぞれ異なるラベル、URL、および位置を持つカスタム タブのバージョンを作成します。
従業員のセルフサービス はい

[従業員のセルフサービス] ページのバージョンを作成して、さまざまなユーザー グループが利用できるセルフサービス サポートのタイプをカスタマイズします。[従業員のセルフサービス] 設定の各バージョンは、異なるタブ ラベル、役に立つさまざまなリンク、および Workspace ONE Intelligent Hub からデバイスを管理するオプションを使用して構成できます。

従業員のセルフサービスにグローバル設定が必要ない場合は、グローバル設定を無効にできます。

グローバル設定を無効にし、設定のバージョンを作成しない場合、機能をテンプレートに追加することはできません。

通知 いいえ

通知のバージョンを作成することはできません。通知機能はグローバル設定として有効になります。[通知] を使用して組織内のすべてのユーザーに連絡しないようにするには、グローバル設定の [通知] を無効にします。次に、通知機能を個々のテンプレートに追加します。すべての通知設定はグローバル設定として構成され、テンプレートによって継承されます。これらの設定は個々のテンプレートに対して変更することはできません。テンプレートで [新しいアプリ通知] 設定を管理できます。

注: [システム設定] で設定されている Workspace ONE Mobile Flows の URL はグローバル値として設定されているため、変更できません。
人員 いいえ

People 設定のバージョンを作成することはできません。People 機能にアクセスできるグループを管理するには、グローバル設定の [People] を無効にし、この機能を使用できるテンプレートで [People] 設定を有効にします。

デジタル バッジ いいえ

デジタル バッジ設定のバージョンを作成することはできません。デジタル バッジを使用できるグループを管理するには、グローバル設定の [デジタル バッジ] を無効にし、この機能を使用できるテンプレートで [デジタル バッジ] 設定を有効にします。

テンプレートでデジタル バッジ機能を使用するには、Hub サービスの [デジタル バッジ] ページで [デジタル バッジ] 設定を構成する必要があります。

仮想アシスタント。 いいえ

仮想アシスタントのバージョンを作成することはできません。仮想アシスタントを使用できるグループを管理するには、グローバル設定の [仮想アシスタント] を無効にし、この機能を使用できるテンプレートで [仮想アシスタント] 設定を有効にします。

テンプレートで仮想アシスタント機能を使用するには、Hub サービスで [仮想アシスタント] 設定を構成する必要があります。

ユーザーがグローバル構成とは異なる Workspace ONE Intelligent Hub 機能を必要とする場合は、テンプレートを作成します。テンプレートに Workspace ONE UEM スマートグループと Workspace ONE Access ユーザー グループを割り当て、そのロール、ロケーション、またはその他の条件に基づいてユーザーをグループ化することができます。

テンプレートは、優先順位に基づいて Hub コンソールの [テンプレート] ページで編成されます。この優先順位は、ユーザーまたはデバイスが複数のテンプレートに割り当てられている場合にどのテンプレートが適用されるかを決定します。

テンプレートを使用する場合の例。

  • 企業に公開する前に、少数のユーザー グループで Intelligent Hub 構成をテストします。テンプレートを少数のユーザー グループに割り当て、徐々に公開を拡大して、ユーザーからフィードバックを受け取り、コミュニケーションを制御します。
  • ユーザーごとに異なるロゴと色を使用してブランド化します。
  • 組織内のさまざまな部門のカスタム タブを作成します。
  • 特定のロケーションでのみ通知を有効にします。
注: 新しいテンプレート設定が Windows デバイスの Workspace ONE Intelligent Hub ポータルに表示されるまでに最大 8 時間かかります。テンプレートがユーザーに割り当てられると、セッション トークンの有効期限が切れて更新されたとき、または Intelligent Hub アプリケーションからログアウトしてアプリを再起動したときに、モバイル デバイスおよび macOS ユーザーの Workspace ONE Intelligent Hub に新しい設定が表示されます。