Hub サービス機能を展開するには、Workspace ONE UEM 展開と Workspace ONE Access 展開が必要な要件を満たしていることを確認します。

オンプレミスの Workspace ONE Access 展開のネットワーク ポート要件

ソース コンポーネント ターゲット コンポーネント プロトコル ポート 説明
Workspace ONE Access のホスト名 signing.awmdm.com HTTPS 443 Hub サービス コンソールを起動し、Workspace ONE 通知サービスの証明書をプロビジョニングする場合は必須です。

Workspace ONE の要件

Hub サービスのすべての機能を使用するには、最新バージョンの Workspace ONE UEMWorkspace ONE Access、および Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションを使用していることを確認してください。

  • Workspace ONE UEM が Hub サービスの展開で構成されている場合、Hub サービスでテンプレートを構成するには、Workspace ONE UEM のバージョンが 20.08 以降である必要があります。
  • Workspace ONE Access が Hub サービスの展開で構成されている場合、Hub サービスでテンプレートを構成するには、Workspace ONE Access のバージョンが 21.08 以降である必要があります。

Hub Console とエンド ユーザー アクセスでサポートされる Web ブラウザ

  • Google Chrome。最新の 2 つのバージョン。
  • Mozilla Firefox。最新のバージョン。
  • Safari。最新の 2 つのバージョン。
  • Microsoft Edge。最新のバージョン。

サポートされるデバイスのバージョン

  • iOS デバイス 9.0 以降。
  • Android デバイス 4.4 以降。
  • Windows 10、バージョン 1709。
  • macOS 10.12 以降。

Intelligent Hub アプリケーションのバージョン

リリースされたすべての Hub サービス機能を使用するには、ユーザーが自分のデバイスを最新バージョンの Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションに更新していることを確認します。Intelligent Hub アプリケーションで Hub テンプレートを使用するには、Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションのバージョンが 20.08 以降である必要があります。