仮想マシンに USB ヒューマン インターフェイス デバイス(HID)を接続するには、[取外し可能デバイス] メニューですべての USB 入力デバイスを表示するように仮想マシンを構成する必要があります。

デフォルトでは、USB 1.1 および 2.0 のマウス デバイスとキーボード デバイスなどの USB HID は、ホスト システムの USB ポートに接続されていても、仮想マシンの [取外し可能デバイス] メニューに表示されません。

仮想マシンに接続された HID は、ホスト システムでは使用できません。

注: : 共有またはリモート仮想マシンは、すべての USB 入力デバイスを表示するように構成することはできません。

前提条件

  • 仮想マシンをパワーオフします。
  • マウスまたはキーボード用に KVM スイッチを使用している場合、USB デバイスの自動接続を無効にします。USB デバイスの自動接続の無効化 を参照してください。

手順

  1. 仮想マシンを選択して、[VM] > [設定] を選択します。
  2. [ハードウェア] タブで [USB コントローラ] を選択します。
  3. [すべての USB 入力デバイスを表示] を選択します。
    このオプションを有効にすると、ユーザは仮想マシン内の特別な USB HID を使用できます。
  4. [OK] をクリックして、変更内容を保存します。
  5. 仮想マシンをオンにします。
    [取外し可能デバイス] メニューに HID が表示されます。