仮想マシンが実行中、そのウィンドウがアクティブになります。USB デバイスがホスト システムに差し込まれると、デフォルトで、デバイスはホストではなく仮想マシンに接続されます。ホストに接続されている USB デバイスが、パワーオン時に仮想マシンに接続されない場合は、デバイスを手動で仮想マシンに接続する必要があります。

USB デバイスを仮想マシンに接続した場合、Workstation Pro はホスト システム上で使用ポートへの接続を維持します。仮想マシンをサスペンドまたはパワーオフしたり、デバイスをアンプラグすることができます。デバイスを再度プラグインするか、仮想マシンをレジュームすると、Workstation Pro はデバイスを再接続します。Workstation Pro は、仮想マシンの構成ファイル(.vmx)に自動接続エントリを書き込むことによって接続を維持します。

デバイスを切断したなどの理由で、Workstation Pro がデバイスを再接続できない場合は、デバイスは除去され、デバイスの接続を行えない旨のメッセージが Workstation Pro に表示されます。デバイスがまだ利用可能であれば、再度手動で接続することが可能です。USB デバイスを仮想マシンに手動で接続するには、仮想マシン > 取外し可能デバイス > デバイス名 > 接続(ホストから切断) を選択します。

物理的なデバイスの取り外し、ホスト システムから仮想マシンへのデバイスの移動、仮想マシン間でのデバイスの移動、仮想マシンからホスト コンピュータへのデバイスの移動を実行するには、ホスト コンピュータからデバイスを取り外す場合のデバイス メーカーの手順に従います。Zip ドライブなどのデータ ストレージ デバイスの場合、この手順に従うことは特に重要です。ファイルを保存してすぐに、オペレーティング システムがデータをディスクに書き込む間もなくデータ ストレージ デバイスを移動すると、データが失われる可能性があります。