新規仮想マシン ウィザードを実行して、ローカル ホスト システムに仮想マシンを新規作成します。

また、新規仮想マシン ウィザードを使用して、共有仮想マシンおよびリモート仮想マシンを作成できます。共有仮想マシンはリモート ユーザーが使用できます。リモート仮想マシンはリモート ホストで実行されます。リモート接続の使用と仮想マシンの共有を参照してください。

前提条件

  • 新規仮想マシン ウィザードで仮想マシンを作成するのに必要な情報が手元にあることを確認します。仮想マシンの新規作成の準備を参照してください。

  • インストールするゲスト OS がサポートされていることを確認します。当社 Web サイトでオンラインの『VMware 互換性ガイド』を参照してください。

  • インストールするゲスト OS の情報については、『VMware ゲスト OS インストール ガイド』を参照してください。

  • インストーラ ディスクからゲスト OS をインストールする場合、ホスト システムの CD-ROM ドライブにインストーラ ディスクを挿入します。

  • ISO イメージ ファイルからゲスト OS をインストールする場合、ISO イメージ ファイルがホスト システムにアクセス可能なディレクトリにあることを確認します。

  • 仮想マシンがホスト システムの物理ディスクまたは未使用パーティションを使用する場合、適切な準備作業を実行します。物理ディスクまたは未使用パーティションの使用の準備を参照してください。

手順

  1. 新規仮想マシン ウィザードを開始します。

    オプション

    説明

    Windows ホスト

    • ホストがリモート サーバに接続されていない場合は、[ファイル] > [新規仮想マシン] を選択します。

    • ホストがリモート サーバに接続されている場合は、[ファイル] > [新規仮想マシン] > [このコンピュータ] を選択します。

    Linux ホスト

    [ファイル] > [新規仮想マシン] を選択します。

  2. 構成タイプを選択します。

    オプション

    説明

    標準

    基本の仮想マシン設定のデフォルトを使用するか、特定値を指定するかを確認するプロンプトが表示されます。ほとんどの場合、標準構成タイプの使用が適しています。

    カスタム

    カスタム構成タイプを選択する必要があるのは、デフォルトのハードウェアの互換性設定とは異なる仮想マシン バージョンを作成する、SCSI アダプタの I/O アダプタ タイプを指定する、IDE、SCSI、SATA のいずれかの仮想ディスクを作成するかを指定する、仮想ディスクの代わりに物理ディスクを使用する、既存の仮想ディスクを使用する、ディスク領域を最大ディスク サイズまで徐々に増やすのではなく、すべての仮想ディスク領域を一度に割り当てる、などの場合です。

  3. [カスタム] オプションを選択した場合、ハードウェアの互換性設定を選択します。

    ハードウェアの互換性設定により、仮想マシンのハードウェア機能が決まります。

  4. ゲスト OS のソースを選択します。

    オプション

    説明

    物理ディスクの使用

    インストール ディスクを挿入した物理ドライブを選択します。

    ISO イメージの使用

    ゲスト OS の ISO イメージ ファイルの格納場所を入力するか、その場所を参照して指定します。

    後でゲスト OS をインストールする

    未使用のディスクがある仮想マシンを作成します。仮想マシンを作成したら、ゲスト OS を手動でインストールする必要があります。

  5. ゲスト OS の情報を指定します。

    オプション

    説明

    簡易インストールを使用する

    ゲスト OS の簡易インストール情報を入力します。

    簡易インストールを使用しない

    ゲスト OS の種類とバージョンを選択します。ゲスト OS がリストにない場合、[その他] を選択します。

  6. 仮想マシン名を入力して、仮想マシン ファイルのディレクトリを入力または参照します。
  7. プロンプトに従って仮想マシンを構成します。

    標準構成を選択すると、仮想ディスク サイズを構成し、仮想ディスクを複数のファイルに分割するかどうかを指定するよう要求されます。カスタム構成を選択した場合は、仮想マシン プロセッサ、メモリ割り当て、ネットワーク構成、I/O コントローラ タイプ、仮想ディスク、仮想ディスクの種類とモードを構成するためのプロンプトが表示されます。

  8. (オプション) ハードウェア構成をカスタマイズするには、[ハードウェアをカスタマイズ] をクリックします。

    また、仮想マシンを作成した後でも、仮想ハードウェア設定を変更できます。

  9. (オプション) 仮想マシンの作成後にパワーオンするには、[この仮想マシンを作成後にパワーオンする] を選択します。

    このオプションは、ゲスト OS を手動でインストールしている場合は使用できません。

  10. [完了] をクリックすると、仮想マシンが作成されます。

タスクの結果

簡易インストールを使用している場合、仮想マシンのパワーオン時にゲスト OS のインストールが開始します。ゲスト OS のインストールは自動的に行われ、通常、何も入力することなく実行されます。ゲスト OS がインストールされると、簡易インストールは VMware Tools をインストールします。

簡易インストールを使用していない場合、仮想マシンはライブラリに表示されます。

次のタスク

簡易インストールを使用し、新規仮想マシン ウィザードの完了時に仮想マシンがパワーオンされなかった場合は、仮想マシンをパワーオンしてゲスト OS のインストールを開始します。簡易インストールによる ゲスト OS のインストールを参照してください。

簡易インストールを使用しなかった場合、ゲスト OS を手動でインストールします。ゲスト OS の手動インストールを参照してください。