自動ブリッジ モードが構成されている場合、仮想スイッチがブリッジ接続する物理ネットワーク アダプタを制限できます。

手順

  1. ホスト システム上で仮想ネットワーク エディタを起動します。

    オプション

    説明

    Windows ホスト

    編集 > 仮想ネットワーク エディタ を選択します。

    Linux ホスト

    アプリケーション > システム ツール > 仮想ネットワーク エディタ を選択します。お使いの Linux のバージョンによって、メニュー パスが異なる場合があります。コマンド ラインからコマンド vmware-netcfg を実行して仮想ネットワーク エディタを起動することもできます。

  2. ブリッジ ネットワークを選択して、自動設定 をクリックします。

    自動ブリッジを使用するように構成されている仮想スイッチは、デフォルトではホスト システム上のアクティブなすべてのネットワーク アダプタにブリッジ接続されます。どのアダプタを使用するかは任意選択です。

    仮想スイッチが特定の物理ネットワーク アダプタにブリッジ接続されないようにするには、そのホスト ネットワーク アダプタのチェック ボックスの選択を解除します。