SaltStack Config のインストール前の最後の手順は、インストール ファイルをダウンロードし、Salt マスター ノードに送信することです。

開始する前に

この手順は、インストール前のプロセスの一部です。このページを読む前に、以下を確認してください。

ファイルのダウンロード

Customer Connect からインストール ファイルをダウンロードします。サポートが必要な場合は、営業担当者にお問い合わせください。

ファイルを転送

インストール オーケストレーションを実行している Salt マスター ノードにファイルを転送します。ファイルをルート フォルダに配置します。

インストール ファイルの確認

ベスト プラクティスとして、ダウンロードしたファイルが、VMware によって作成された後に変更されていないことを検証します。ファイルを検証するには、コピーの SHA-256 ハッシュを、そのファイルに対するリストの SHA-256 と比較します。

RedHat または CentOS のインストール ファイルを確認するには、次の手順に従います。

  1. ファイルが格納されているマシンでターミナルを開き、ファイルがあるディレクトリに移動します。
  2. 必要に応じて、ls を使用して正確なファイル名のリストを表示します。
  3. 次のコマンドを、確認するファイルの実際の名前に置き換えて入力します。
    sha256sum file-name.tar.gz
  4. このコマンドは、ファイルの SHA-256 を返します。このコマンドの出力を、Customer Connect にリストされているそのファイルの SHA-256 と比較します。

ファイルの抽出(オプション)

インストール ファイルの抽出の手順は、オプションです。

RedHat または CentOS でファイルを抽出するには、次の手順に従います。

  1. 必要に応じて、.tar.gz ファイルを抽出するアプリケーションをインストールします。例:
    sudo yum install tar
  2. tar ツールをインストールしたら、次のコマンドを入力します。その際に、ファイル名をインストール ファイルの正確なファイル名に置き換えます。
    tar xzvf SaltStack_Config-<version>_Installer.tar.gz

.asc キーファイルのインポート

インストーラから RPM パッケージ システムに .asc キーファイルをインポートする必要があります。インストールに関連するすべてのノードにキーファイルをインポートするには、次の手順に従います。

  1. ssc-installer ディレクトリに移動します。
  2. インストーラの .tar.gz ファイルから抽出した .asc キーファイルを RPM パッケージ システムにインポートするには、次のコマンドを実行します。
    sudo rpmkeys --import keys/*.asc
  3. すべてのノードで、この手順を繰り返します。

次の手順

インストール ファイルをダウンロード、転送、検証、およびインポートしたら、インストール プロセスを開始できます。