SaltStack Config サービスを vRealize Automation 環境にインストールするには、2 つのインストール方法のうちいずれかを使用します。インストールが完了したら、SaltStack Config 統合を設定し、必要なインストール後タスクを実行します。

重要: SaltStack Config は、オープンソースの自動化および構成管理エンジンである Salt上で実行されます。構成管理のために SaltStack Config の使用を開始するには、 SaltStack Config を使用して、管理するノードに Salt ミニオン サービスをインストールして実行する必要があります。ノードに Salt ミニオン サービスを展開するには、 vRealize Automation クラウド テンプレートを使用するか、SSH を介してサービスをインストールします。

このインストール ガイドでは、SaltStack Config インストールの標準的なプロセスについて最初から最後まで説明します。Linux およびコマンド ラインでの作業経験など、その分野で要求される一般的な知識と経験を持つネットワーク システム管理者を対象としています。インストールする前に、Salt や SaltStack Config に関する高度な知識は必ずしも必要とされません。

インストールに関して、このガイドで対処できない問題が発生した場合は、サポートに連絡してください。

インストールの目的

インストール プロセスの目的は、次の 4 つの主要コンポーネントで構成されたバックエンド SaltStack Config システム アーキテクチャを作成することです。

コンポーネント 説明
SaltStack Config API サーバ(別名:RaaS)

RaaS (Returner as a Service) は、SaltStack Config ユーザー インターフェイスから管理コマンドを受け取るための RPC エンドポイントと、接続された Salt マスターとのインターフェイスとなる RPC 制御エンドポイントを提供します。

Salt マスターとマスター プラグイン

必要な数の Salt マスターを SaltStack Config に接続できますが、Salt マスターは 1 つ以上必要です。

Salt マスターは、SaltStack Config とネットワーク上の他のノード(ミニオンと呼ばれる)とを結び付ける中心的な役割を果たします。SaltStack Config からコマンド(ジョブなど)を発行すると、そのコマンドは Salt マスターに渡され、ターゲットのミニオンに配布されます。

マスター プラグインは Salt マスターにインストールされます。これにより、Salt マスターは SaltStack Config バックエンド サーバである RaaS ノードと通信できます。マスター プラグインにより、Salt マスターは SaltStack Config によって開始されたジョブまたはプロセス、および PostgreSQL データベースに格納されている外部ファイルやピラー データにアクセスすることができます。

PostgreSQL データベース SaltStack Config は、ミニオン データ、ジョブの戻り値、イベント データ、ファイルおよびピラー データ、ローカル ユーザー アカウントや、ユーザー インターフェイスの追加設定を格納するために PostgreSQL データベースを使用します。
Redis データベース SaltStack Config は、キャッシュされたデータなど、特定のタイプのデータを一時ストレージに格納するために Redis データベースを使用します。また、キュー内の作業をバックグラウンド ワーカーに配布するために一時データ ストレージを使用します。

標準インストール シナリオでは、これらの各コンポーネントは専用ノードに展開されます。つまり、インストールが完了すると、4 台の専用ノードが使用可能になります。システムで高可用性が必要な場合は、複数の Salt マスター、PostgreSQL データベース、および Redis データベースの展開が必要になる場合があります。

次の図は、標準インストールの最終目標を示しています。

インストールの概要

インストール プロセスには、次の 5 つの主なフェーズがあります。

  • インストール前
  • インストール
  • インストール後
  • vRealize Automation との統合
  • SaltStack Config を使用して管理するノードへの Salt のインストール

このガイドでは、以下のセクションで説明するように、各フェーズをサポートするコンテンツを提供します。

インストール前

インストール前のフェーズでは、SaltStack Config インストール プロジェクトの計画作成に伴う重要な決定を行います。このフェーズでは、以下を実行します。

  • 実際のネットワークに最も適したインストール シナリオを決定します。
  • 割り当てる必要があるノードの数、それらのノードまたは仮想マシン (VM) が必要とするオペレーティング システムなど、SaltStack Config インストールのために必要なハードウェアとソフトウェアを決定します。
  • ネットワークからインターネットにアクセスできない場合は、必要な回避策を計画します。
  • 必要な SaltStack Config アーキテクチャをホストするノードまたは仮想マシンに Salt をインストールします。
  • 必要なインストール ファイルをダウンロード、確認、およびインポートします。

このフェーズが終了するまでに、インストール シナリオで必要とされるノードと仮想マシン (VM) を申請しておく必要があります。

インストール

SaltStack Config では、次の 2 つのインストール方法がサポートされています。

  • [標準インストール] - SaltStack Config に必要なアーキテクチャ コンポーネントを 4 台以上の個別のノードにインストールします。
  • [vRealize Suite Lifecycle Manager (vRLCM) インストール] - SaltStack Config およびそのすべてのアーキテクチャ コンポーネントを単一ノードにインストールします。この方法では、Salt マスター ホストもインストールされ、必要な vRealize Automation プロパティ グループが構成されます。
注意: お使いのシステムに最適なインストール方法が不明な場合は、標準インストールをお勧めします。ノード数が 1,000 を超える本番環境のシステムでは、 vRealize Suite Lifecycle Manager のインストール方法は推奨されません。

次の図は、標準インストールを完了してから、インストール後の手順または Salt のインストール手順を完了するまでの間に設定されるシステム アーキテクチャを示しています。

次の図は、Lifecycle Manager (vRLCM) のインストールを完了してから、インストール後の手順または Salt のインストール手順を完了するまでの間に設定されるシステム アーキテクチャを示しています。

インストール後

インストール シナリオの主要部分が完了した後、次のようなインストール後の手順がいくつかあります。これらの一部はオプションです。

vRealize Automation との統合

このフェーズでは、ネットワークから SaltStack Config サービスにアクセスするために、vRealize Automation に統合を作成します。

SaltStack Config を使用して管理するノードへの Salt のインストール

SaltStack Config は、オープンソースの自動化および構成管理エンジンであるSalt上で実行されます。

構成管理のために SaltStack Config の使用を開始するには、SaltStack Config を使用して、管理するノードに Salt ミニオン サービスをインストールして実行する必要があります。

ノードに Salt ミニオン サービスを展開するには、vRealize Automation クラウド テンプレートを使用するか、SSH を介してサービスをインストールします。

次の図は、標準インストール、インストール後の手順、統合手順、および Salt のインストール手順を完了した後に設定されるシステム アーキテクチャを示しています。