クラウド管理者は、vRealize Cloud Universal サービスを購入してから、vRealize Cloud サービスおよび vRealize Cloud Subscription Manager サービスを有効にして、オンボーディングすることができます。

vRealize Suite クラウド サービスとオンプレミス製品の両方で vRealize Cloud Universal サブスクリプションを有効にして、オンボーディングすることができます。
注: 次の手順は、割り当てられた購入単位としてコアを使用する vRealize Cloud Universal サブスクリプションに固有のものです。CPU ベースの手順については、 CPU ベースの vRealize Cloud Universal サブスクリプションを有効にする方法を参照してください。

前提条件

  • 有効な VMware Customer Connect ID があることを確認します。
  • 購入した vRealize Cloud Universal サブスクリプションのオンボーディング メールが送信されていることを確認します。コア ベース vRealize Cloud Universal サブスクリプションの場合は、サブスクリプションに含まれるすべてのサービスと製品についてオンボーディング メールが 1 通送信されます。

手順

  1. vRealize Cloud Universal のオンボーディング メールを開き、[導入の開始] をクリックします。
    Cloud Services Platform のログイン画面が表示されます。
  2. メール アドレスを入力し、[次へ] をクリックします。
    vRealize Cloud Universal サブスクリプションの詳細が表示されます。サブスクリプションの詳細を表示するには、 [注文の詳細] をクリックします。
  3. [続行] をクリックします。
  4. 既存の組織を選択するか、サブスクリプションを適用する新しい組織を作成して、[続行] をクリックします。
  5. 選択した組織がサブスクリプションを適用する組織であることを確認し、[サブスクリプションの適用] をクリックします。
    vRealize Cloud Subscription Manager の [サブスクリプション] 画面にリダイレクトされます。
  6. サブスクリプションの詳細が取得されたら、[オンボーディングの終了] をクリックします。
  7. サブスクリプションに含まれるサービスがオンボーディングされているリージョンを選択し、[続行] をクリックします。
    リージョンとして [その他] を選択する場合は、オンボーディング プロセスを続行する前に、Cloud Services Platform から適切なリージョンを選択する必要があります。
  8. (オプション) オンボーディング プロセスが完了したら、オンプレミス ライセンスを今すぐ置き換えるか、または後で置き換えるかを選択します。
  9. [詳細表示] をクリックします。
    Cloud Services Platform の [サービス] 画面にリダイレクトされ、サブスクリプション内のすべてのサービスが表示されます。
  10. オンプレミス製品の場合は、E メールの受信トレイに移動し、ライセンス キー情報が記載された E メールを選択します。
  11. E メールに記載されている Customer Connect ポータルのリンクから、ライセンス キーにアクセスします。