vCenter Cloud Gateway をダウンロードしてインストールすることにより、VMware Cloud から使用可能なソリューションにアクセスします。

手順

  1. https://customerconnect.vmware.com/downloads/details?downloadGroup=MCGW&productId=1307&rPId=88960 にログインし、vCenter Cloud Gateway の ISO イメージをダウンロードします。
  2. インストーラ ISO イメージで、ui-installer/operating_system フォルダを参照し、インストーラを実行します。
    • Windows OS の場合は、win32 サブディレクトリに移動して installer.exe ファイルを実行します。
    • Linux OS の場合は、lin64 サブディレクトリに移動して installer ファイルを実行します。
    • Mac OS の場合は、mac サブディレクトリに移動して Installer.app ファイルを実行します。
  3. [開始する] をクリックします。
  4. エンド ユーザー使用許諾契約書 (EULA) を承諾して、[次へ] をクリックします。
  5. デプロイ パラメータを指定して、[次へ] をクリックします。
    オプション 手順

    vCenter Server インスタンスに接続してインベントリを参照し、vCenter Cloud Gateway をインストールするクラスタを選択することができます。

    1. vCenter Server インスタンスの FQDN アドレスまたは IP アドレスを入力します。
    2. vCenter Server インスタンスの HTTPS ポートを入力します。
    3. vCenter Server インスタンス上の vCenter Single Sign-On 管理者権限を持つユーザー(例:administrator@your_domain_name ユーザー)のユーザー名とパスワードを入力します。
    4. [次へ] をクリックします。
    5. 証明書の警告にターゲットの vCenter Server インスタンスにインストールされた SSL 証明書の SHA1 サムプリントが表示されていることを確認し、[はい] をクリックしてこれを受け入れます。
    6. クラスタが置かれているデータセンター内のデフォルトの仮想マシン フォルダを選択し、[次へ] をクリックします。
    7. vSphere+ にサブスクライブする vCenter Server がデプロイされているクラスタを選択し、[次へ] をクリックします。
  6. ターゲット アプライアンス仮想マシンを設定し、[次へ] をクリックします。
    オプション 説明
    仮想マシン名 vCenter Cloud Gateway 仮想マシンの名前を入力します。アプライアンス名にはパーセント記号 (%)、バックスラッシュ (\) またはスラッシュ (/) を含めることはできず、80 文字を超えることはできません。
    root パスワードの設定 vCenter Cloud Gateway 仮想マシンの root パスワードを設定します。

    パスワードは 8 文字以上の空白を含まない小文字の ASCII 文字で入力し、1 つ以上の数字、大文字と小文字、1 つ以上の特殊文字が含まれている必要があります。特殊文字の例としては、感嘆符 (!)、ハッシュ キー (#)、アットマーク (@)、括弧 () があります。

    root パスワードの確認 上記で設定したパスワードを確認します。
  7. vCenter Cloud Gateway 用のデータストアの場所を選択し、[次へ] をクリックします。
    1. vCenter Cloud Gateway 仮想マシンを置くデータストアを選択します。
    2. vCenter Cloud Gateway のインストールにシン ディスクを使用してディスク容量を節約するには、[シン ディスク モードの有効化] を選択します。
  8. vCenter Cloud Gateway のネットワーク設定を構成し、[次へ] をクリックします。
    パラメータ 説明
    ネットワーク ネットワークを選択します。

    ドロップダウン メニューに表示されるネットワークは、ターゲット サーバのネットワーク設定によって異なります。vCenter Cloud GatewayESXi ホストに直接インストールする場合は、短期のポートバインド以外の設定をしている分散仮想ポート グループはサポートされません。このため、このグループはドロップダウン メニューに表示されません。

    IP アドレスのバージョン IP アドレスのバージョンを選択します。

    IPv4 または IPv6 を選択できます。

    IP アドレスの割り当て IP アドレスの割り当て方法を選択します。
    • [固定]

      ウィザードには、IP アドレスとネットワーク設定の入力を求めるプロンプトが表示されます。

      注: IP アドレスをシステム名として使用しないようにします。システム名として IP アドレスを使用する場合は、インストール後に IP アドレスを変更して DNS の設定を更新することはできません。
    • [DHCP]

      DHCP サーバを使用して IP アドレスが割り当てられます。環境内で DHCP サーバを使用できる場合にのみ、このオプションを選択します。

    FQDN 環境内に有効な DDNS がある場合は、vCenter Cloud Gateway の完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力することができます。既存の FQDN を入力すると、vCenter Cloud Gateway が配置されているネットワークを分離しないかぎりインストール時にエラーが発生するという警告がインストーラに表示されます。たとえば、vCenter Cloud Gateway は、既存の FQDN とは異なるポート グループにインストールできます。
    注: インストールの開始前に、DNS サーバに FQDN を追加します。
    IP アドレス 固定 IP アドレスを選択した場合は、vCenter Cloud Gateway の IP アドレスを入力します。既存の IP アドレスを入力すると、vCenter Cloud Gateway が配置されているネットワークを分離しないかぎりインストール時にエラーが発生するという警告がインストーラに表示されます。たとえば、vCenter Cloud Gateway は、既存の IP アドレスとは異なるポート グループにインストールできます。
    サブネット マスクまたはプリフィックス長 IP アドレスのサブネット マスクまたはプリフィックス長を入力します。
    デフォルト ゲートウェイ vCenter Cloud Gateway によって使用されるデフォルト ゲートウェイを入力します。
    DNS サーバ vCenter Cloud Gateway によって使用される DNS サーバのアドレスを入力します。
  9. vCenter Cloud Gateway 設定を構成し、[次へ] をクリックします。
    • [NTP サーバと時間を同期する] を選択し、時刻の同期に使用する 1 つ以上の NTP サーバのアドレスをテキスト ボックスに入力します。
      注: NTP サーバの正しいアドレスを入力していることを確認します。誤っている場合、インストールが正常に完了しないことがあります。
    • [ESXi ホストと時間を同期する] を選択して、vCenter Cloud Gateway のインストール先のホストと時刻を同期します。
  10. [終了] をクリックして vCenter Cloud Gateway をインストールします。

結果

vCenter Cloud Gateway がオンプレミス環境にインストールされます。プログレス バーに、インストールの進行状況が表示されます。

次のタスク

サービスを構成するために、https://gw-address:5480/gw-platform/ から vCenter Cloud Gateway のユーザー インターフェイスを開きます。ここで、gw-addressvCenter Cloud Gateway の IP アドレスまたは FQDN です。