vCenter Server への健全性低下の通知によって、そのホストで部分的に障害が発生していることがプロバイダによって示されたときに、Proactive HA がどのように対応するかを構成できます。

このタスクについて

このページは、vSphere DRS を有効にしている場合にのみ編集できます。

手順

  1. vSphere Web Client で、Proactive HA クラスタに移動します。
  2. 設定 タブをクリックします。
  3. vSphere の可用性 を選択し、編集 をクリックします。
  4. Proactive HA をオンにする チェック ボックスを選択します。
  5. Proactive HA の障害および対応 をクリックします。
  6. 次の構成オプションから選択します。

    オプション

    説明

    自動化レベル

    ホストを検疫モードまたはメンテナンス モードのどちらにするか、および仮想マシンの移行を推奨にするか、自動にするかについて決定します。

    • 手動。vCenter Server によって、仮想マシンの移行についての推奨が提案されます。

    • 自動化。仮想マシンは健全なホストに移行され、性能が低下したホストは、構成された Proactive HA 自動化レベルに応じて検疫モードまたはメンテナンス モードに移行します。

    修正

    部分的に性能が低下したホストへの対応を決定します。

    • すべての障害を対象とした検疫モード。仮想マシンのパフォーマンスに影響がないかぎり、部分的に性能が低下したホストを使用せずに、パフォーマンスと可用性のバランスを調整します。

    • 軽度の障害を対象とした検疫モードおよび重大な障害を対象としたメンテナンス モード (混合)。仮想マシンのパフォーマンスに影響がないかぎり、性能がいくらか低下したホストを使用せずに、パフォーマンスと可用性のバランスを調整します。重大な障害が発生したホストで仮想マシンが実行されないようにします。

    • すべての障害を対象としたメンテナンス モード。部分的に障害が発生したホストで仮想マシンが実行されないようにします。

    ホストを検疫モードおよびメンテナンス モードにするには、Host.Config.Quarantine 権限と Host.Config.Maintenance 権限がそれぞれ必要です。

    このクラスタの Proactive HA プロバイダを有効にするには、チェック ボックスを選択します。そのプロバイダに対応する vSphere Web Client プラグインがインストールされている場合は、プロバイダが表示されます。プロバイダは、クラスタ内のすべてのホストを監視します。プロバイダがサポートする障害状態を表示または編集するには、編集リンクをクリックします。

  7. OK をクリックします。