デプロイ プロセスのステージ 1 では、OVA ファイルを Platform Services Controller アプライアンスとしてデプロイします。このファイルは vCenter Server Appliance インストーラに含まれています。

手順

  1. vCenter Server Appliance インストーラで、vcsa-ui-installer ディレクトリから該当するオペレーティング システムのサブディレクトリに移動し、インストール実行ファイルを実行します。
    • Windows OS の場合は、win32 サブディレクトリに移動して installer.exe ファイルを実行します。

    • Linux OS の場合は、lin64 サブディレクトリに移動して installer ファイルを実行します。

    • Mac OS の場合は、mac サブディレクトリに移動して Installer.app ファイルを実行します。

  2. ホーム画面で インストール をクリックして、インストール ウィザードを開始します。
  3. [概要] ページを確認してデプロイ プロセスを理解し、次へ をクリックします。
  4. 使用許諾契約書を読んで同意し、次へ をクリックします。
  5. [デプロイ タイプの選択] ページで、Platform Services Controller を選択し、次へ をクリックします。
  6. Platform Services Controller アプライアンスをデプロイするターゲット サーバに接続し、次へ をクリックします。

    オプション

    手順

    アプライアンスのデプロイ先 ESXi ホストに接続できます。

    1. ESXi ホストの完全修飾ドメイン名 (FQDN) のアドレスまたは IP アドレスを入力します。

    2. ESXi ホストの HTTPS ポートを入力します。

    3. ESXi ホストの管理者権限を持つユーザー(たとえば、root ユーザー)のユーザー名とパスワードを入力します。

    4. 次へ をクリックします。

    5. 証明書の警告にターゲットの ESXi ホストにインストールされた SSL 証明書の SHA1 サムプリントが表示されていることを確認し、はい をクリックして証明書サムプリントを受け入れます。

    vCenter Server インスタンスに接続してインベントリを参照し、アプライアンスをデプロイする ESXi ホストまたは DRS クラスタを選択することができます。

    1. vCenter Server インスタンスの FQDN アドレスまたは IP アドレスを入力します。

    2. vCenter Server インスタンスの HTTPS ポートを入力します。

    3. vCenter Server インスタンス上の vCenter Single Sign-On 管理者権限を持つユーザー(例:administrator@your_domain_name ユーザー)のユーザー名とパスワードを入力します。

    4. 次へ をクリックします。

    5. 証明書の警告にターゲットの vCenter Server インスタンスにインストールされた SSL 証明書の SHA1 サムプリントが表示されていることを確認し、はい をクリックしてこれを受け入れます。

    6. アプライアンスをデプロイする ESXi ホストまたは DRS クラスタが含まれているデータセンターまたはデータセンター フォルダを選択し、次へ をクリックします。

      注:

      ロックダウン モードまたはメンテナンス モードでない ESXi ホストが 1 つ以上含まれるデータセンターまたはデータセンター フォルダを選択する必要があります。

    7. アプライアンスをデプロイする ESXi ホストまたは DRS クラスタを選択し、次へ をクリックします。

  7. アプライアンス仮想マシンの設定のページで、Platform Services Controller アプライアンスの名前を入力し、root ユーザーのパスワードを設定して、次へ をクリックします。

    アプライアンス名にはパーセント記号 (%)、バックスラッシュ (\) またはスラッシュ (/) を含めることはできず、80 文字以下で入力する必要があります。

    パスワードは 8 文字以上の空白を含まない小文字の ASCII 文字で入力し、1 つ以上の数字、大文字と小文字、1 つ以上の特殊文字(感嘆符 (!)、ハッシュ キー (#)、アット記号 (@)、丸括弧 (()) など)が含まれている必要があります。

  8. 利用可能なデータストアのリストから、仮想マシンのすべての構成ファイルと仮想ディスクが格納される場所を選択します。また必要に応じて、シン ディスク モードを有効にする を選択して、シン プロビジョニングを有効にします。
  9. [ネットワーク設定の構成] ページで、ネットワークを設定します。

    アプライアンスの IP アドレスまたは FQDN は、システム名として使用されます。FQDN を使用することが推奨されます。IP アドレスを使用する場合は、アプライアンスに固定 IP アドレスを割り当ててください。DHCP によって割り当てられる IP アドレスは、変更される可能性があるためです。

    オプション

    アクション

    ネットワーク

    アプライアンスを接続するネットワークを選択します。

    ドロップダウン メニューに表示されるネットワークは、ターゲット サーバのネットワーク設定によって異なります。アプライアンスを ESXi ホストに直接デプロイする場合は、短期のポートバインド以外の設定をしている分散仮想ポート グループはサポートされません。このため、このグループはドロップダウン メニューに表示されません。

    IP アドレスのバージョン

    アプライアンスの IP アドレスのバージョンを選択します。

    IPv4 または IPv6 を選択できます。

    IP アドレスの割り当て

    アプライアンスの IP アドレスの割り当て方法を選択します。

    • 固定

      ウィザードには、IP アドレスとネットワーク設定の入力を求めるプロンプトが表示されます。

      注:

      IP アドレスをシステム名として使用しないようにします。システム名として IP アドレスを使用する場合は、デプロイ後に IP アドレスを変更して DNS の設定を更新することはできません。また、アプライアンスを Active Directory ドメインに参加させることもできません。

    • DHCP

      DHCP サーバを使用して IP アドレスが割り当てられます。環境内で DHCP サーバを使用できる場合にのみ、このオプションを選択します。

      環境内に有効な DDNS がある場合は、アプライアンスに任意の完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力することができます。

  10. [ステージ 1 の設定の確認] ページで、Platform Services Controller アプライアンスのデプロイ設定を確認し、完了 をクリックして OVA デプロイ プロセスを開始します。
  11. OVA のデプロイが終了するまで待ってから、続行 をクリックしてデプロイ プロセスのステージ 2 を続行し、デプロイされた新しいアプライアンスのサービスを設定および開始します。
    注:

    閉じる をクリックしてウィザードを終了した場合は、Platform Services Controller アプライアンス管理インターフェイスにログインして、サービスを設定および開始する必要があります。

タスクの結果

新しくデプロイされた Platform Services Controller アプライアンスは、ターゲット サーバで実行されていますが、サービスは開始されていません。