OVA デプロイが完了すると、デプロイ プロセスのステージ 2 にリダイレクトされます。ここでは、新しくデプロイされた Platform Services Controller アプライアンスのサービスをセットアップして開始します。

手順

  1. デプロイ プロセスのステージ 2 の概要を確認し、次へ をクリックします。
  2. アプライアンスの時刻設定を行い、オプションでアプライアンスへのリモート SSH アクセスを有効にし、次へ をクリックします。

    オプション

    説明

    時刻を ESXi ホストと同期します

    定期的な時刻同期を有効にすると、VMware Tools はゲスト OS の時刻を ESXi ホストの時刻と同じになるように設定します。

    時刻を NTP サーバと同期します

    ネットワーク タイム プロトコル (NTP) サーバを使用して、時刻を同期します。このオプションを選択する場合は、NTP サーバの名前または IP アドレスをコンマで区切って入力する必要があります。

  3. 新しい vCenter Single Sign-On ドメインを作成するか、既存のドメインに参加します。

    オプション

    説明

    Single Sign-On ドメインの新規作成

    vCenter Single Sign-On ドメインを作成します。

    1. ドメイン名(vsphere.local など)を入力します。

    2. vCenter Single Sign-On 管理者アカウントのパスワードを設定します。

      これはユーザー administrator@your_domain_name のパスワードです。

    3. vCenter Single Sign-On のサイト名を入力します。

      複数の場所で vCenter Single Sign-On を使用している場合は、サイト名が重要になります。サイト名には英数字を使用する必要があります。vCenter Single Sign-On サイトに固有の名前を選択します。インストール後は、名前を変更できません。

      サイト名には、拡張 ASCII 文字および非 ASCII 文字は使用できません。サイト名には、英数字およびコンマ (,)、ピリオド (.)、疑問符 (?)、ダッシュ (-)、アンダースコア (_)、プラス記号 (+)、または等号 (=) を含める必要があります。

    4. 次へをクリックします。

    既存の vCenter Single Sign-On ドメインへの参加

    既存の Platform Services Controller インスタンスのレプリケーション パートナーとして既存の vCenter Single Sign-On ドメインに Platform Services Controller アプライアンスを参加させます。参加させるパートナー Platform Services Controller インスタンスに関する情報を入力する必要があります。

    1. パートナー Platform Services Controller インスタンスの完全修飾ドメイン名 (FQDN) または IP アドレスを入力します。

    2. パートナー Platform Services Controller インスタンスの HTTPS ポートを入力します。

    3. パートナー Platform Services Controller インスタンスの vCenter Single Sign-On ドメイン名を入力します。

    4. vCenter Single Sign-On 管理者ユーザーのパスワードを入力します。

    5. 次へをクリックします。

    6. vCenter Single Sign-On サイトを作成するのか、または既存のサイトに参加するのかを選択します。

  4. [VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP)] ページを参照し、プログラムへの参加を希望するかどうかを選択します。

    CEIP の詳細については、『vCenter Server およびホストの管理』の「カスタマ エクスペリエンス改善プログラムの設定」セクションを参照してください。

  5. [設定の確認] ページで、Platform Services Controller アプライアンスの設定を確認して 終了 > OK の順にクリックしてデプロイ プロセスのステージ 2 を完了し、アプライアンスを設定します。
  6. (オプション) : 初期セットアップが終了したら、https://platform_services_controller_fqdn/psc をクリックして Platform Services Controller Web インターフェイスに移動するか、https://platform_services_controller_fqdn:443 をクリックして Platform Services Controller の [はじめに] のページに移動します。
  7. 閉じる をクリックして、ウィザードを終了します。

    Platform Services Controller の [はじめに] のページにリダイレクトされます。

タスクの結果

新しい Platform Services Controller アプライアンスを既存の vCenter Single Sign-On ドメインに参加させた場合は、アプライアンスによって、インフラストラクチャ データがドメイン内の他の Platform Services Controller インスタンスとの間でレプリケートされます。

次のタスク

  • 外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイし、新しくデプロイされた Platform Services Controller アプライアンスに登録できます。

  • 1 つ以上の Platform Services Controller インスタンスをデプロイして同じ vCenter Single Sign-On ドメインに参加させることで、インフラストラクチャ データをレプリケートして、負荷を分散することができます。