ホストをプロビジョニングする前に、vSphere Auto Deploy を使用してプロビジョニングする各ホストにイメージ プロファイルを割り当てるルールを作成する必要があります。

このタスクについて

vSphere Auto Deploy の拡張ルールは、ESXCLI プラグイン パス、jumpstart プラグイン パスなど、事前定義された特定の場所のファイルのみを CommunitySupported レベルの VIB に含めることを強制します。別の場所にある VIB をイメージ プロファイルに追加すると、警告が表示されます。force オプションを使用して警告をオーバーライドできます。

ルールに違反する CommunitySupported レベルの VIB を含むイメージ プロファイルで New-DeployRule コマンドレットを呼び出す場合は、イメージ プロファイルを追加する前に $DeployNoSignatureCheck = $true を設定します。これを設定すると、システムは署名の検証を無視し、拡張ルールのチェックを実行しません。

注:

CommunitySupported レベルの VIB を含むイメージ プロファイルは、本番システムではサポートされません。

前提条件

  • vSphere Auto Deploy 用にシステムを準備します。詳細については、『vSphere のインストールとセットアップ』を参照してください。

手順

  1. PowerCLI セッションで Connect-VIServer コマンドレットを実行し、vSphere Auto Deploy が登録される vCenter Server システムに接続します。
    Connect-VIServer ipv4_or_ipv6_address

    この コマンドレットはサーバ証明書の警告を返す場合があります。本番環境では、サーバ証明書の警告が表示されないことを確認します。開発環境では、この警告は無視できます。

  2. パブリックなソフトウェア デポの場所を特定するか、vSphere ESXi Image Builder を使用してカスタムのイメージ プロファイルを定義します。
  3. Add-EsxSoftwareDepot を実行して、イメージ プロファイルが含まれるソフトウェア デポを PowerCLI セッションに追加します。

    デポのタイプ

    コマンドレット

    リモート デポ

    Add-EsxSoftwareDepot depot_url を実行します。

    ZIP ファイル

    1. ZIP ファイルをローカル ファイル パスにダウンロードします。

    2. Add-EsxSoftwareDepot C:\file_path\my_offline_depot.zip を実行します。

  4. Get-EsxImageProfile cmdlet を実行して、デポ内の使用するイメージ プロファイルを探します。

    デフォルトでは、ESXi デポには、VMware Tools を含んだ 1 つの基本イメージ プロファイル (名前に文字列 standard を含む) と、VMware Tools を含まない 1 つの基本イメージ プロファイルが格納されています。

  5. IP アドレスの範囲などの特定の属性を持つホストに、イメージ プロファイルを割り当てるためのルールを定義します。
    New-DeployRule -Name "testrule" -Item "My Profile25" -Pattern "vendor=Acme,Zven", "ipv4=192.XXX.1.10-192.XXX.1.20"

    名前にスペースが含まれる場合は二重引用符の使用が必須ですが、それ以外の場合は任意です。項目をすべてのホストに適用するには、パターンの代わりに -AllHosts を指定します。

    コマンドレットは testrule という名前のルールを作成します。このルールは、My Profile25 という名前のイメージ プロファイルを、Acme または Zven というベンダーの、指定された範囲内の IP アドレスを持つすべてのホストに割り当てます。

  6. ルール セットにルールを追加します。
    Add-DeployRule testrule

    デフォルトでは、ルールは作業ルール セットとアクティブなルール セットの両方に追加されます。NoActivate パラメータを使用すると、作業ルール セットはアクティブなルール セットになりません。

タスクの結果

ホストが iPXE から起動する場合、ホストはマシンの属性をコンソールにレポートします。デプロイのルールを記述する際には、同じ形式の属性を使用します。

******************************************************************
* Booting through VMware AutoDeploy...
*
* Machine attributes:
* . asset=No Asset Tag
* . domain=vmware.com
* . hostname=myhost.mycompany.com
* . ipv4=XX.XX.XXX.XXX
* . mac=XX:Xa:Xb:Xc:Xx:XX
* . model=MyVendorModel
* . oemstring=Product ID: XXXXXX-XXX
* . serial=XX XX XX XX XX XX...
* . uuid=XXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXX
* . vendor=MyVendor
******************************************************************

次のタスク

  • vSphere Auto Deploy ですでにプロビジョニングされたホストについては、コンプライアンス テストおよび修復を実施して、新しいイメージ プロファイルでそれらのホストがプロビジョニングされるようにします。ルールのコンプライアンスのテストおよび修復を参照してください。

  • プロビジョニングされていないホストを起動し、新しいイメージ プロファイルを使用してそれらのホストがプロビジョニングされるようにします。