vSphere Auto Deploy ルールを作成した直後、ルールはアクティベート解除された状態です。ルールを有効にするには、アクティベートする必要があります。[アクティベートして並べ替え] ウィザードを使用して、ルールのアクティベート、アクティベート解除、および並べ替えを実行することができます。

このタスクについて

ウィザードの アクティベートして並べ替え ページの上のリストは、アクティブなルール セットのルールを表示します。下のリストは非アクティブなルールを表示します。

前提条件

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ページで、Auto Deploy をクリックします。

    デフォルトでは、管理者ロールのみが vSphere Auto Deploy サービスを利用する権限を持っています。

  2. デプロイ ルール タブで、ルールのアクティベート/アクティベート解除 をクリックします。

    [アクティベートして並べ替え] ウィザードが表示されます。

  3. (オプション) : アクティブなルールをアクティベート解除するには、アクティブなルール リストからルールを選択し、アクティベート解除 ボタンをクリックします。
  4. 有効にするルールを無効なルールのリストから選択し、有効化 ボタンをクリックします。
  5. (オプション) : 有効なルール リストのルールの順番を変更するには、移動するルールを選択して、有効なルール リストの上部にある 上へ移動 または 下へ移動 アイコンをクリックします。

    ルールは優先度の高い順にリストされます。たとえば、2 つ以上のルールが同じホストに適用され、それぞれのルールでホストをプロビジョニングに使用するイメージ プロファイル、ホスト プロファイル、および配置場所が異なる場合、リストの上位にあるルールが適用されます。

  6. (オプション) : ルールを有効にする前に無効なルールをテストする場合は、有効化の前にルールをテスト チェック ボックスを選択し、次へ をクリックします。
    1. ウィザードのテスト ターゲットを選択するページで、フィルタ タブから無効なルールをテストするホストを選択し、次へ をクリックします。

      選択済み タブには選択されたホストのみが表示されます。

    2. ウィザードのテスト結果をプレビューするページでリストからホストを選択し、ホストの現在の状態や、ルールを有効にした後に予測される変更点を表示します。

      ホストがルールに準拠している場合は、ルールを有効にした後にホストを修正する必要はありません。

    3. (オプション) : ルールを有効にした後に選択したホストを修正する場合は、リストされたホスト関連付けをルールのアクティベーション後に修正 チェック ボックスを選択します。
  7. 次へをクリックします。
  8. 有効なルールのリストを確認し、終了 をクリックします。

タスクの結果

デプロイ ルール タブで、ルールは [ステータス] 列にアクティブとしてリストされます。

次のタスク