リファレンス ホストからホスト プロファイルを作成したら、以前に確認したイメージ プロファイルおよび抽出したホスト プロファイルを特定の IP アドレス範囲にあるターゲット ホストに適用するルールを作成することができます。

手順

  1. vCenter Server がインストールされる Windows システムのコンソールに、管理者権限で直接、または RDP を使用してログインします。
  2. PowerCLI セッションで Connect-VIServer コマンドレットを実行し、vSphere Auto Deploy が登録される vCenter Server システムに接続します。
    Connect-VIServer ipv4_address

    この コマンドレットはサーバ証明書の警告を返す場合があります。本番環境では、サーバ証明書の問題が発生していないことを確認します。開発環境では、この警告は無視できます。

  3. Add-EsxSoftwareDepot を実行して PowerCLI セッションにオンライン デポを追加します。
    Add-EsxSoftwareDepot https://hostupdate.vmware.com/software/VUM/PRODUCTION/main/vmw-depot-index.xml

    新しく PowerCLI セッションを開始するたびに、ソフトウェア デポを追加する必要があります。

  4. 必須: Get-DeployRuleset コマンドレットを実行して、有効なルール セット内のルールを表示します。
  5. 事前選択したイメージ プロファイルとリファレンス ホストから作成したホスト プロファイルを使用して、特定の IP アドレス範囲内の一連のホストをプロビジョニングするよう vSphere Auto Deploy に指示するルールを作成します。
    New-DeployRule -name "Production01Rule" -item "image_profile",ESXiGold -Pattern "ipv4=IP_range"
  6. 有効なルール セットに新しいルールを追加します。
    Add-DeployRule	-DeployRule "Production01Rule"
  7. Get-DeployRuleset コマンドを実行して、有効なルール セットを確認します。

    次の例のような情報が PowerCLI に表示されます。

    Name:              Production01Rule
    PatternList:       {ipv4=address_range}
    ItemList:          {ESXi-version-XXXXXX-standard, Compute01, ESXiGold}

次のタスク

ホストをプロビジョニングし、ホストのカスタマイズを行います。